【必読】インターネットが繋がらない時の対処法!誰でも一瞬で直す方法も解説

今回はインターネットにパソコンが繋がらない理由と具体的な対処法について詳しく解説します。

はじめに、誰でも一瞬で直すことが出来る方法を解説します。

 

それでも治らない場合のために、そもそもインターネットの仕組みがどのようになっているのかを解説して、さらに解決するための具体的な方法論を解説します。

たいていのインターネットのトラブルについては、この記事で解説していることを読んで頂けると、ある程度解決できるかと思います。

原因を潰すのが第一ですが、中には自分で対処できないケースもありますので、その辺りも踏まえた上で詳しく解説します。

お好きな場所からお読みください!

大半は電源の入れ直しで解決可能!

インターネットのトラブルや故障で、お問い合わせ窓口に連絡するのもいいのですが、大半は電源の入れ直しで解決することが出来ます。

電源の入れ直しで解決する理由

そもそもインターネットに繋がらないというたいていの原因は一時的なものです。

故障窓口相談にやってくる人たちのおおよそ7割の方は、機器の電源を入れ直すだけで改善することが多いです。

 

私もMacを愛用しているのですが、PCの電源を落として、再度起動した時に、インターネットに繋がったということは多数あります。

パソコンやモバイルルーターなど、電源を切ることができるのであれば、全部切ってしまってください。

これによって、多くの問題を解決することが可能です。

 

パソコンやルーターなどの諸々の機器というのは精密機械です。

なので、全くフリーズしないということはないです。

ひかり

ひかり
パソコンの場合、最初の1年から3年くらいはしっかりと動きますが、4年目以降、起動が遅くなったりするケースって少なからずありますよね。

もしも電源の入れ直しで解決しない時

もしも電源を入れ直しても解決しない場合にはどうしたらいいのでしょうか?

そのような場合には、相談窓口はどのインターネット回線業者と契約を結んでいるかによって変わってきます。

なので、auひかりやNURO光、光コラボなどと契約されている方は公式ページを経由して連絡先をチェックするようにしてください。

 

日本では一番契約者が多いNTTフレッツ光の場合、相談窓口は以下の通りです。

  • 東日本の場合:0120-000-113(24時間対応)
  • 西日本の場合:0120-248-995(24時間対応)

9時から17時ならオペレーターと直接やりとりすることが出来、それ以外の時間は、留守番電話に音声を吹き込むことが可能です。

その際に、折り返しの電話がおよそ1時間ほどでかかってきます。

 

もしもNTTの通信機器の設定方法がわからない場合はこちらから問い合わせをしてみてください。

  • 東日本の場合:0120-970-413(9~17時)
  • 西日本の場合:0120-248-995(9~17時)

 

そもそもインターネットが繋がらなくなる原因解説します

さて、毎月高いネット料金を支払っているにもかかわらず、インターネットが繋がらない原因はどこにあるのでしょうか?

この原因を調べるためには、そもそもインターネットの仕組みを簡単に知っていないといけません。

 

最初にあなたが利用しているPCやスマホが、どのようにしてインターネット接続を行なっているのかについて、解説します。

おそらく、この仕組みを知っとくことで繋がらない原因がおまかにわかるのではないかと思います。

これがわかるだけで、今ネットが繋がらない原因が、大まかに見極められるようになります。

 

なおインターネットが遅い時の解決策についてはこちらの記事でまとめていますので、参考にしてくださいね。

関連記事:【必読】インターネットが遅い時の5つの原因!速くする具体策とは?

 

インターネットの仕組みを先に知っておこう

インターネットは言うまでもなく、世界中のコンピュータが繋がったネットワークです。

 

グーグルやヤフーのページを見ることができますが、その仕組みは、検索エンジンで検索をした際に、自分たちのパソコンからグーグルやヤフーのサーバーに接続。

そして、ネット上にある情報の画像やテキストなどのデータをパソコンに送ります。

記録しているデータを自宅のパソコンやスマホに表示することができるのです。

 

以上のデータのやりとりこそがインターネットの基本的な考え方です。

情報をインターネットにリクエストして、必要な情報をパソコンまで届ける仕組み。

 

相手のサーバーに繋がるまでに4つの機器を経由する

インターネットの世界に繋がるためには、4つの機器を経由する仕組みが必要になります。

例えば、パソコンを使ってGoogleのホームページを見るためには、

  1. パソコン
  2. モデム
  3. 光ケーブル
  4. プロバイダ
  5. Googleのサーバー

この順番で情報のリクエストを行います。

 

そして、そのリクエストに対して、必要なデータが送られてくるということになります。

ひかり

ひかり
つまり、機器としては、モデムと光ケーブル、プロバイダ、サーバーという4つの機器を経由するということになります。

特に接続の不具合が起きやすい場所は?

この中でも不具合が生じやすい場所はどこなのでしょうか?

表示したいページに繋がらないというケースでは、自分の家のコンピュータからサーバーまでのどこかで何か不具合が起きていると考えるのが適当ですよね。

不具合を起こす原因となる場所としては先ほど紹介した4つの部分です。

 

具体的な解決策として、一番の方法は最初に解説しましたが、さらに詳しいことについては後ほど解説します。

 

考えられる原因①:使っているパソコン

考えられる原因として使っているパソコンが考えられます。

もしもパソコンが壊れていると、当然ながら、インターネットに接続することが難しいです。

その原因として、違法にアップロードされた動画を視聴できるパンドラやアニチューブなどをみている時に、ウイルスが入ったり、そのほかにもパソコンのSPECの問題が考えられます。

ほかにも内臓無線の設定が間違っていることなどが問題として考えられます。

ひかり

ひかり
もしも一つの端末で繋がらなくて、それ以外のPCやスマホで繋がるとしたら、その端末に問題がある場合が多いです。

考えられる原因②:ルーター

続いて考えられる原因として、ルーターが考えられます。

ルーターというのは、基本的に一つのネット回線を複数のパソコンで使ったり、スマホやタブレットなど複数の端末でWi-Fiを接続する時に必要になってきます。

 

もしも無線LANで繋いでいるという場合には、電波の干渉の問題が考えられます。

例えば、電子レンジは電磁波を飛ばすため、その影響が出ていると考えられます。また、近くに新幹線が走っているような場合員も同じような悪影響が出ることがあります。

LANケーブルでパソコンと繋ぐというケースでは、LANの差込口の故障が考えられます。

その結果、PCまでWi-Fiが届かないということがあるのです。

 

考えられる原因③:モデム

続いて考えられる原因としてモデムがあります。

モデムというのは、信号を変換するために使う機器です。

  • インターネットに繋ぐための装置というのは複数あり、それぞれ装置を接続するケーブルには以下のような種類があります。
  • 光ケーブル
  • LANケーブル
  • メタルケーブル

これらのケーブルを通る信号は基本的に全くことある種類なので、そのままの形で通過することができません。

なので、モデムを使って、信号変換するというわけなのです。

 

信号の変換の種類によっても名称は変わってくるのですが、光ケーブルを通ってきた光信号をLANケーブル通ることができるデジタル信号に変換することができるモデムがONUと言われるものです。

このONUというのは、外から入ってきた光ケーブルを自宅で受け取ることができる装置です。

ONUが故障した時には、自宅のパソコンやタブレットなどの複数の端末がある時には、全ての端末がネットに繋がらなくなってしまいます。

ひかり

ひかり
以上が特に不具合が起きてしまいやすい場所になります。なので、まずはこれらの接続状況や電源の有無などを確認するようにしてください。

ここまでの原因以外なら自力では直せない

ここまで3つの機器を紹介してきました。

  • パソコン
  • モデム
  • ルーター

この3つというのは自宅に設置されています。

なので、自分でチェックしたりすることができるのですが、ほかにもインターネットが繋がらない原因というのは存在します。

光ケーブルなど、家の外のケーブルの故障や相手のサーバーの問題であったり。

 

この辺りは、素人の方ではなかなか対処することができません。

 

もしもパソコンやルーター、LANケーブル、モデムなどの原因なら、故障した装置を交換したり、あるいは、ちょっとした操作で解決できますが、それ以外となると、かなり厳しいです。

 

パソコン、ルーター、LANケーブルの故障などであれば、故障した装置の交換や、簡単な操作により、誰でも改善はできます。

 

しかし、外のケーブルが切れているとなると、どうしようもないわけです。

契約をしている回線事業者に問い合わせをするようにしてください。

 

あと、相手のサーバーの問題の場合、こちらでいじることは不可能なので、相手がメンテナンスして修復が終わるのを待つ必要があります。

ひかり

ひかり
例えば、あるサイトにアクセスが集中したりするとサーバー落ちしてしまうことがあります。この点については注意が必要です。

具体的な事例別の対処法を解説!こんな時にはここに用心

それでは、ざっくりとインターネットが繋がらない原因について見てきましたが、その中でもこんな時ってどうしたらいいのかって疑問に思われることも少なくないと思います。

そこで、具体的なケーススタディを見ながら対処法をご紹介していきます。

パソコンだけが繋がらない時には?

パソコンだけが繋がらないとすると、パソコンの中に入っている内蔵無線の受信機がよくない可能性があります。

なので、一度再起動をかけて見てください。

 

再起動をかけたとしても繋がらないというような場合には、LANケーブルを使って繋ぎます。

そして、有線の場合にはうまく繋がるのかどうかをチェックします。

 

この有線でも繋がらないとすると、一旦、セキュリティーを全てオフにして見て、その時に繋がった時には、セキュリティの高さが問題の可能性があります。

なので、設定を変更してみてください。

 

ゲーム機のみが繋がらない時には?

ゲーム機が繋がらないという場合には、Wi-Fiのアクセスきーとパスワードが間違っている可能性が高いです。

あるいは、初期の任天堂DSでは、セキュリティーが低いWEPのみでしか繋がらないようになっています。

 

最近のルーターの特徴として、セキュリティーが高いAESになっているということがよくあります。

なので、ルーターの無線設定について一度見直しをして見てください。

見直しをすることで、インターネットと接続をしてゲームを楽しめるはずですよ。

 

ブラウザに何らかの障害がある場合

基本的に、インターネットを使ってWebサイトを閲覧するためには、ブラウザというものが必要になります。

  • IE(Internet Explorer,インターネットエクスプローラー)
  • Google Chrome(グーグルクローム)
  • FireFox(ファイアーフォックス)
  • Safari(サファリ)

 

Windowsの場合には、IEが初めから搭載されていますが、たまにIEの起動が遅くなってしまうこともあります。

そのようにならないためにも、他のブラウザを利用することをオススメします。

個人的には、Google Chromeをオススメします。

 

Wi-Fiと端末の接続は問題ないのになぜかインターネットに繋がらない時

WiーFiが問題なく接続されている場合には、パソコンやスマホの右上の部分で電波のマークが表示されます。

電波のマークが問題なく表示されている場合には、通信がしっかりと取れているということになります。

しかし、それでもインターネットに接続できない場合には、光ケーブルやルーターに何らかの問題があると考えるのが自然です。

ひかり

ひかり
なので、初めはルーターの電源をしっかりと入れ直してみるようにしてみてください。

DNS障害の場合

DNSサーバーに接続できないという文字が表示されることがあります。

そのような場合、DNSサーバーに何か問題がある可能性があります。

 

このような時には、ブラウザに「Internet Explorer ではこのページは表示できません」と表示され、その下の「接続の問題を診断」をチェックしてみると、DNSサーバーの不具合と判定されることがあります。

ただし、これについてはそこまで参考になりません。

 

「ファイル」→「開く」で出現したフォームに「http://203.216.227.176」と入力してみてください。

出現したページからのリンクが切れている場合には、DNS障害の可能性がありますので、このような場合には、プロバイダ会社に問い合わせをしてみてください。

 

どんな端末も繋がらない時は?

はじめにルーターやONUの電源を入れ直します。

そして、無線しか繋がらないのか、有線しか繋がらないのかをチェックして見てください。

 

もしも有線が繋がった時には、端末または無線アクセスポイントの問題が高いです。

逆に有線でもなかなか繋がらないとすると、光ケーブルやルーター、ONU、局内に何らかの問題があるという可能性が非常に高いです。

このような場合には、回線事業者に連絡を入れて確認を取るようにしましょう。

 

スマホ(iPhone等)が繋がらない時の原因や対処法も解説

さてここまで、パソコンについてメインに話しましたが、スマホについてもまとめておきます。

スマホの場合のインターネットが繋がらないという問題について、考えられることがいくつかあります。

Wi-FiのONとOFFを切り替える

Wi-Fiのオンとオフの切り替えをします。

スマホのWi-Fi設定を一旦オフにして、そのあとに、オンにすることで、接続できることがあります。

 

ネットワーク設定を削除する

続いてできることとして、ネットワーク設定を一旦削除するということ。

再び接続をしていきたいルーターで設定を再度行うというのも効果的です。

ネットワークの設定をやり直してみて、難しい設定を一切行わないようにしましょう。

 

モバイルデータ通信のONとOFFを切り替える

続いて、モバイルデータ通信は、Wi-Fiの電波が届かない時の接続設定方法です。

こちらもオンとオフを分けることができます。

 

機内モードONとOFFを切り替える

機内モードというのは飛行機などで飛行機に障害がおきないようにするため、インターネット接続をオフにする機能です。

充電する際に、機内モードを設定すると、充電速度が速いので、機内モードにしたまま忘れてしまって、インターネットに繋がらないと考えれているという方も少なくありません。

機内モードをオンにしたらネットに繋げることもあるので、オンとオフの切り替えをしっかりと行なってみてください。

 

ルーターとモデムを再起動する

それでも厳しいという場合には、ルーターとモデムを再起動してください。

パソコンの時と同じく、ルーターとモデムを再起動することで、接続出来るはずですよ。

 

スマホの再起動をする

スマホで再起動にかけるというのも一つの方法です。

再起動にかけてみることで、繋がらなかったネット回線に繋げることが出来る可能性が高まります。

それでも解決しない場合

それでもダメな場合は、ルーターとモデムの電源を落とすだけでなく、コンセントもすべて外して1日そのままにしておきましょう。その後、もう一度接続し直すと、インターネットに繋がることもあります。

【おすすめ記事】光コラボレーション解約の手順とお得な解約方法とは?

 

インターネットにそれでもなかなか接続できない時は?

ここまで、具体的な方策について色々と解説してきましたが、それでもなかなか接続できないということもありえます。

そのような時の対処方法についてもまとめてみました。

回線事業者に問い合わせよう

もしもパソコンの問題でないとしたら、回線業者に問い合わせをした方が早いです。

契約をしている回線業者に問い合わせをしてみて、そのあとに具体的にどうしたらいいのかチェックしてみてください。

 

契約をしている回線業者なら故障電話相談のサポートは基本的にタダで受けることができます。

 

電波干渉によるトラブルも考えられる

電波の干渉が入るとネットの通信環境に悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

電波の干渉は無線の場合に起きやすく、有線の場合には基本的に起きません。

Wi-Fiルーターを利用されている場合には注意が必要となります。

WiFiの周波数が2.4GHzの場合、家電機器の電磁波の影響を受ける

無線の電波には、周波数というものが存在します。

  • 2.4GHz
  • 5GHz

と言われる二つのパターンが存在します。

 

この中のうち、2.4GHzという周波数は電子レンジであったり、コードレスタイプの電話などと同じ周波数ということもあって、その機器を使用していると、ネットの接続が不安定になり、場合によってはインターネットが繋がらなくなるというリスクがあります。

そのようなことも考えてできることをまとめると、こんな感じです。

  • 5GHzの周波数帯域の無線ルーターを活用する
  • 電子レンジを使用している時には、ネットを使わない
  • コードレスタイプの電話機から可能なかぎり離れる

このような方法がおすすめです。

 

気温や天候が悪影響を及ぼすことも

外の天候やそれに伴う気温の変化もネット通信環境にとって悪影響を及ぼすことがあります。

場合によっては、インターネットに繋がらないということも十分に考えられます。

 

光ファイバーの素材は基本的にはガラスでできています。

ガラスの特徴として、温まった時には膨張して、冷やされた時には収縮するという特徴があります。

言ってみると、空気と同じような性質があるわけです。

 

とても寒い時期には、光ファイバーが接続している部分で収縮してしまいます。

その結果、回線が途中で途切れてしまいます。

 

しかし、朝になった時には、気温が上がってその結果繋がることがあります。

この辺りは、光ケーブルの工事段階でのミスが原因となっていることが多いです。

回線側が不具合が生じていることに気づいていないということもあります。

ひかり

ひかり
なので、何日も続くような時には、通信事業者に連絡して聞き出してみるようにしてください。適切な対処を行ってくれるはずです。

繋がらない原因を探す時のポイントは?

最後に繋がらない原因を探す時のポイントを解説しておきます。

インターネットに繋がらない理由としては、一時的な故障や設定が間違っているということが大半です。

そんな中でインターネットが繋がらない原因を探す時のポイントは、原因を一つ一つ潰すということです。

原因を1つずつ確実に潰すのが大切

基本的には、原因を一つ一つ確実に潰していくことが重要です。

例えば、パソコンが2台とも有線で繋がっているものの、1台だけ繋がらないとすると、パソコン側に問題があると言えます。

普通に考えてみると、1台は繋がっているとすると、光ケーブルが切れているとか、プロバイダが正常に動いていない、ONUが故障しているということは原因として考えることはできないです。

 

ONUが故障をしたり光ケーブルが切れたりしていたとしたら、2台とも繋がることはありませんからね。

 

さらに、続いて、パソコンが潰れているのか?ルーターが故障しているのかを知る必要があります。

そこで、インターネットに繋がっているパソコンが接続しているLANケーブルを繋がらない方のパソコンに差し込んだ時にどのような結果になるかを見ます。

もしもそれでネットに繋がるなら、LANケーブルまたは、ルーターのLANポートに何らかの故障がある可能性が高いです。

 

このように一つずつ原因というのを潰して見てください。

これによって、今問題が生じているのがどの部分なのか調べることが出来ます。

 

とにかく問い合わせをしても対処は同じ

そうはいっても機械はノータッチという方もいらっしゃると思います。

そのような場合には、電話相談窓口で質問をしましょう。

 

回線事業者の電話相談窓口というのは、やや電話が繋がりづらかったり、待たされることもあります。

ひかり

ひかり
その点は注意しつつ、しかし、やることは一緒です。

一つ一つ質問をして、考えられる原因を一つずつ潰していきます。

全ての機器を一つ一つ電源を入れて切ってコツコツ確かめよう

もしもインターネットに繋がらない時には、まず電源を入れたり切ったりして実験をして見てください。

そして、故障している原因について詳しく見ていきましょう。

 

もしも普通のLANケーブルの故障をしている時には、故障修理者がやってきて、LANケーブルを交換するだけでも8,000円ほどの費用がかかってしまうことになります。

なのですが、LANケーブルといえば、電気屋で数百円で購入することができます。

要するに、自分でしっかりと考えなければ、あとで損をしてしまうということもあるわけです。

 

故障の原因をお問い合わせかた問い合わせてもいいのですが、具体的にないがダメだったのかなどを説明することが最終的に、時間の削減や修理を抑えることに繋がることになります。

なお、もしも定期的に不調が起きるのであれば、インターネットを変えてしまうのもありです。

ひかり

ひかり
こちらの記事でおすすめの光回線やWi-Fiルーターについて解説していますので、こちら合わせてお読みください。

関連記事:インターネット契約おすすめはここ!お得にする3つのコツとは?

関連記事:おすすめ比較!インターネット回線でお得なのは結局ここ!

関連記事:WiMAXのキャッシュバックランキング!比較してのおすすめまとめ

関連記事:一人暮らしなら光回線とWi-Fiルーターどっち契約するのがおすすめ?

関連記事

一人暮らしがインターネット契約時に絶対守るべき5つのコツ

ソフトバンク光は携帯代とセットで安いって本当?調査結果まとめ

フレッツ光が安くなる方法8選!一番賢く光回線を使う秘策

auひかりで携帯代はいくら割引になるの?おすすめ申し込み方法は

auひかりに賃貸アパートで加入する方法!料金や工事内容まとめ

auひかりの光電話の料金や契約法など全部まとめてみた