WiMAXの解約方法と絶対に意識しておきたい5つの注意点

スポンサーリンク

WiMAXというと、工事が不要ということもあって、比較的すぐに解約できるようなイメージってありませんか?

なのですが、いくつかのポイントを知った上で、解約をしないと、思っていた以上に料金を支払わされることになります。

 

ということで、今回の記事では、WiMAXを解約する際に注意しておきたいポイントを解説します。

WiMAXの解約手続き方法一覧はこちら

サービス提供会社14社別に解約方法と連絡先をまとめました。

なお、解約の際には、以下の3つには気をつける必要があります。

  • 解約する際は本人から連絡する
  • 一旦解約すると取り消しができない
  • 契約更新月でないときは解約金がかかる

以上を踏まえた上で、

  • プロバイダで契約しているケース
  • 家電量販店などの店頭で契約をしているケース

それぞれについて見ていきます。

 プロバイダで契約している場合

ラクーポン(現:CP WiMAX)

  • 電話番号:03-5953-9605 (平日:10~18時)
  • 解約方法:毎月20日(20日が土日及び祝日にかかる場合は指定日の前営業日)までに電話もしくはメールをして当月末日に解約
  • 日割り:なし
  • 詳細はこちら

ソネット

  • 電話番号:0120-117-268(年中無休:9~21時)
  • 解約方法:オンラインから解約日を即時から月末まで指定できる
  • 日割り:なし
  • 詳細はこちら

UQコミュニケーションズ

  • 電話番号:0120−929−818(年中無休:9〜21時)
  • 解約方法:解約したい日に電話もしくは書面を郵送して即日解約ができる
  • 日割り:あり
  • 詳細はこちら

ブロードワイマックス

  • 電話番号: 0120−001−827(月〜土:11〜18時)
  • 解約方法:毎月25日までに電話から解約申請をして当月末日に解約
  • 日割り:なし
  • 詳細はこちら

ディーティーアイ

  • 電話番号:0120-830-501 / 携帯(186)03−5749-8091(平日:10〜17時)
  • 解約方法:毎月25日までにオンラインもしくは解約申請書を郵送して当月末日に解約
  • 日割り:なし
  • 詳細はこちら

ケーティーコミュニケーションズ

  • 電話番号:0120-980-886(年中無休:10〜20時)
  • 解約方法:毎月20日まで書面を郵送もしくはFAXに届くように解約申請書を郵送すると当月末日に解約
  • 日割り:なし
  • 詳細はこちら

ニフティ

  • 電話番号:0120-32-2210 / 携帯03−5860−7600(年中無休:10〜19時)
  • 解約方法:オンラインから解約日を申請をしたら当月末日に解約
  • 日割り:なし
  • 詳細はこちら

ビッグローブ

  • 電話番号:0120-86−0962 / 携帯03−6385−0962(年中無休:10〜19時)
  • 解約方法:毎月25日までにオンラインから解約申請をして当月末日に解約
  • 日割り:なし
  • 詳細はこちら

GMOインターネット

  • 電話番号:03−5456−1090(平日:10〜19時)
  • 解約方法:毎月20日までにオンラインもしくは、書面を郵送すると当月末日に解約
  • 日割り:なし
  • 詳細はこちら

 

家電量販店などの店頭で契約している場合

ビッグカメラ

  • 電話番号:0120−99−5151 / 携帯042−310−3710(年中無休:9〜21時)
  • 解約方法:電話もしくは書面を郵送で解約日を当日から月末まで指定できる
  • 日割り:あり
  • 詳細はこちら

エディオン

  • 電話番号:0120−71−2133(年中無休:9〜19時)
  • 解約方法:電話もしくはオンラインから解約申請をした当月末に解約
  • 日割り:なし
  • 詳細はこちら

ヤマダ電機

  • 電話番号:0120-810-666(年中無休:10〜21時)
  • 解約方法:電話から解約日を当日から当月末まで指定できる
  • 日割り:あり
  • 詳細はこちら

ヨドバシカメラ

  • 電話番号: 0120-779978 / 携帯03-6702-0076(年中無休:10〜18時)
  • 解約方法:オンラインもしくはFAXで解約申請をすると即日解約になる
  • 日割り:あり
  • 詳細はこちら

ケイディーディーアイ

  • 電話番号:0077-777(年中無休:9~20時)
  • 解約方法:電話もしくは店頭にて解約ができる
  • 日割り:あり
  • 詳細はこちら

 

解約金ってどうなるのか?

解約金についてはお申し込み頂いているプロバイダや料金プランにより契約解除料が変わってきます。

今回はその中でももっとも多い解約金の事例を紹介しておきます。

WiMAX 2+を解約する場合には?

WiMAX2+の端末の受取月の翌月を1ヶ月目と仮定すると、解約のタイミングによって、以下の解約金がかかる仕組みになっています。

  • 1~12ヶ月目の場合:19,000円(税抜)
  • 13~24ヶ月目:14,000円(税抜)
  • 25ヶ月目:0円
  • 26ヶ月目~:9,500円(税抜)

なお、GMOとくとくBBやBIGLOBEなどでキャッシュバックの関係するプランに申し込みした場合、解約金の際にお金が別途かかったりします。

この辺りは各種プロバイダに問い合わせをして見るようにしてくださいね。

解約金を少しでも安くするには?

さて、解約する際にはできるだけ解約金という形で余計なお金を支払いたくはないですよね。

そこで、今回はおすすめの解約方法を紹介しておきます。

更新月に解約する

解約金のかからない更新月に解約するのが一番安くなります。

契約は2年や3年単位が多く、突然の引越しなどで、更新月に合わせられないかもしれません。

ただ、できれば更新月はグーグルカレンダーなどわかるところにメモしておきたいものです。

 

キャッシュバックを受け取って解約する

インターンネット回線やWiMAXの特徴として、申し込み特典として手にできるキャッシュバックは1年後くらいにもらえることが少なくありません。

もしもこのキャッシュバックをもらう前に契約を切ってしまうと、このキャッシュバックを手にすることができませんので、できるだけキャッシュバックを手にしてから解約するようにしてください。

 

キャッシュバックを手にできる回線に乗り換える

なお、場合によっては、今のWiMAXの回線速度が遅いこともあって、光回線に乗り換えしたいと思われている方もいらっしゃるかと思います。

そのような場合には、キャッシュバックを手にすることができる光回線に申し込みすると、WiMAXの解約金を実質ゼロにすることも可能です。

auユーザーにおすすめのauひかり

>> auひかりに申し込みする

※今なら合計7万円のキャッシュバックキャンペーン実施中!

auひかりの場合、auスマホをお持ちなら、さらにセット割引が適用されます。

なので、より安く活用できますよ。

ソフトバンクユーザーにおすすめのNURO光

 

なお、別のWiMAXを検討される場合には、こちらの記事でキャッシュバックランキングおすすめを紹介していますので、参考にしてみてください。

関連記事:WiMAXのキャッシュバックランキング!比較してのおすすめまとめ

WiMAXの解約で意識しておきたい5つの注意点

それでは、最後に、WiMAXの解約を行う際に注意しておきたいポイントを見ておきましょう。

「解約」と「退会」の違いを知っておく!

WiMAXは、事業者によって異なるのですが、

  • WiMAXのサービスのみの解約
  • 契約を全てやめての退会

という二つが存在することがあります。

 

よくあるのは、WiMAX以外にも固定回線のプロバイダーをサービスとして提供しているBIGLOBEやSo-netなどの事業者は解約と退会が別物になっていることがあります。

 

なお、WiMAXしか扱っていない事業者の場合、解約しかありません。もしも別れているという場合には注意が必要です。

解約金と契約更新月は要確認!

WiMAX2+には、2年契約と3年契約の料金プランという二つの料金体系があります。

これは契約をしてから解約をするまでの利用期間で解約金の金額が変わってきます。

 

なので、もしも解約をする前に、契約している会社のWebサイトをみて解約金と更新月を確認しておきましょう。

一般的な傾向としては、WiMAX本家のUQコミュニケーションズの解約金が基本となっています。料金体系をまとめてみましたので、ご確認ください。

2年契約 3年契約
開始月~13ヶ月目 19,000円 19,000円
14ヶ月目~25ヶ月目 14,000円 14,000円
26ヶ月目 ナシ
(更新月)
14,000円
27~37ヶ月目 9,500円 9,500円
38ヶ月目 9,500円 ナシ
(更新月)
39ヶ月目~ 9,500円 9,500円

 

事業者によっては、キャンペーンによって、解約金がやや異なることもあります。

端末の代金を毎月分割で同額割引にしているようなケースもあり、その場合、割引が終わる前に解約を汁と、残りの端末代も解約金に加算されますので、注意してください。

解約方法の確認をする

WiMAX2+は、提供している事業者により、解約方法が異なります。

例えば、私が以前利用していたGMOとくとくBBのWiMAXは解約を書面で通知しないといけませんでした。書面なので、時間がかかりました。

 

一方で、私が今利用しているBIGLOBE WiMAXについては、会員サイトを活用することで解約することができます。

書面よりは楽かなという感じはします。

 

このように、事業者によって、解約方法が異なりますので、できるだけ早くに公式Webサイトを使って解約方法をチェックしておくことをオススメします。

特に、書面の場合、解約の期限という問題にも関わりますので、注意が必要です。

 

当月解約の期限を確認しておこう

当月解約について少し注意が必要です。

もしもある月の月末で解約したい時には、その月の何日までに解約をしないといけないのか知っておく必要があります。

 

WiMAX事業者によって決められている手続き日をすぎると、その月に仮に解約手続きしても、翌月末の解約扱いになってしまうことがあります。

例えば、当月解約は25日までというルールがある場合、それまでに解約手続きをしたら当月解約できますが、26日以降に解約をすると、翌月分をもって解約ということになってしまうわけです。

 

すると予定より1ヶ月分多く支払う必要が生じますし、さらに、場合によっては本来かからなかった解約金がかかってしまうようなこともあります。

なので、当月解約の日付については必ず確認することをオススメします。

そのほかの細かい注意点

あと、少しだけ考えられる注意点についても見ておきましょう。

ポイントがなくなる

WiMAXの事業者によって変わってくるのですが、毎月支払っている料金の一部がポイントに還元される方式を取っているところもあります。

このポイントは料金の支払いに当てることもできますが、もしもプロバイダーごと退会してしまうとポイントも失効することになります。

なので、WiMAXのサービスのみならずプロバイダーの契約も切ってしまう場合には、事前にポイントをしっかりと使ってしまいましょう。

 

メールアドレスがなくなる

WiMAX事業者はサービスとして、メールアドレスのサービスも提供しています。

もしもこのメールアドレスをお使いの場合、WiMAXのサービスを退会した瞬間、利用できなくなってしまいます。

もしもメールアドレスのみを使いたい場合、プロバーダーのサービスを残したまま、WiMAXのみを解約するというようなことも事業所によっては可能です。

ただし、月額数百円のサービス料がかかります。

こちらの記事で詳しく解説していますので、こちらも合わせて参考にして見てください。

>> メールアドレス残しできるプロバイダーは?おすすめはどこ?

まとめ

ということで、今回は、WiMAXの解約方法について解説してきました。

WiMAXの解約自体は契約しているプロバイダーに連絡することで、比較的簡単にできますので、まずは、お使いのプロバイダ会社に連絡を入れて解約の手続きをしてみてください。

【本ブログの9割の読者が合わせて読んでいます】

>> 【2018最新】光回線おすすめランキング!全部調べて比較したおすすめは?

【戸建・マンション別】おすすめの光回線はこちら!!!

>> 【徹底比較】戸建のインターネットで安い、おすすめの回線の選び方

>> マンションのインターネットおすすめランキング!料金が安いのはどこ?

【2018年最新版】今超人気の光回線

  1. auひかりの人気の窓口はこちら!55,000円のキャッシュバックキャンペーン&爆速ネット
  2. ドコモ光の人気窓口はこちら!最大25,000円のキャッシュバック&工事費無料
  3. NUROの人気窓口はこちら!最大35,000円のキャッシュバック&工事費無料&爆速ネット
  4. So-net光の人気窓口はこちら!最大55,000円のキャッシュバック実施中

スポンサーリンク

関連記事

必見!auスマホの料金をさらに安くする方法!

確実にお得に節約可能!固定電話の基本料金を安くする8つの方法

即可能!ソフトバンクエアーが繋がらない・遅い時の全6つの対処法

インターネット速度が遅い原因と対策法!測定の目安や平均

ホワイトコール24とは?申し込み時の確認は必須?

NURO光の代理店Lifebankってどう?お得な理由を全部まとめてみた