WiMAXのキャッシュバックランキング!比較してのおすすめまとめ

外に持ち運びすることもできて、WiMAXというと非常に便利なツールですよね。

パソコンやスマホなど今では、Wi-Fi環境というのは必要不可欠なわけですが、その中でも特に速い安いWiMAXについて比較検討してみることにしました。

 

多数のサイトをみたり、店員さんに質問しても、いまいちたくさんありすぎて、比較しづらいわけですが。

あまり聞きなれない言葉もあって正直迷ってしまいますよね。

 

ということで、失敗しない安い、かつキャッシュバックが高額なものを探してみました。

もしも、WiMAXがとても難しくて、かつ、いまいちどこがいいのか知りたい方は必見です。

 

現在は、10社以上のプロバイダがキャッシュバックの金額を競っていたりして、WiMAXの公式ページで買うよりも、3万円以上お得となります。

なので、WiMAXを購入するなら、キャッシュバックを考えることは必要不可欠です。

 

ただし、必要な手続きを忘れて、キャッシュバックの金額を一円も受け取ることができなかったというトラブルも少なくありません。

また、申し込みをする際には、特定の紹介サイト経由の場合条件が異なるので、公式ページからの申し込みをおすすめします。

電話でのお問い合わせ窓口からは絶対にやめてください。と言いますのも、電話の場合、口頭でのやりとりになるということもあって、キャッシュバックのキャンペーンの適用がされないことがあるからです。

ということで、公式ページから申し込みしてくださいね。

>> GMOとくとくBB

お好きな場所からお読みください!

全10社のキャッシュバックの比較まとめ

ということで、2018年の4月の現在、WiMAXのキャッシュバックの金額を主要なプロバイダを70社以上比較検討して見ました。

 

最近であれば、月額キャンペーンを使うというのも主流になりつつありますので、その辺りも踏まえた上でみていくことにします。

ちなみに、少しでも、安いWiMAX2+を利用するためには、いかにキャッシュバックを含めて、実質の費用を安くできるのかが重要になります。

 

ただし、月額料金を安く見せるだけで、

  • プロバイダの基本料金
  • 初期費用
  • オプションの料金

などを合計すると、結果的に高くなってしまうこともあります。

 

2年単位の契約と3年単位の契約もありますので、今回は1年間で換算をして解説していきます。

ちなみに、計算方法なのですが、プランを満期で終了した場合には、どうなるのかということで、まとめています。

ちなみに、実質費用というのは、

  • 登録料金
  • 利用料金
  • キャッシュバック
  • 端末代金
  • その他のセット割

を指すものとします。

 

すると、結果的にランキングはこんな感じになります。

1位:GMOとくとくBB(WX03)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):34,625円
  • 通常プランのとき(1年あたり):27,759円
  • 期間:2年
  • キャッシュバック:34,100円

2位:GMOとくとくBB(W04)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):35,525円
  • 通常プランのとき(1年あたり):28,659円
  • 期間:2年
  • キャッシュバック:33,100円

3位:GMOとくとくBB(W05)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):35,625円
  • 通常プランのとき(1年あたり):28,759円
  • 期間:2年
  • キャッシュバック:32,300円

3位:GMOとくとくBB(L01s)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):35,625円
  • 通常プランのとき(1年あたり):28,759円
  • 期間:2年
  • キャッシュバック:34,100円

5位:BIGLOBE(WX03)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):37,335円
  • 通常プランのとき(1年あたり):-円
  • 期間:2年
  • キャッシュバック:15000円+月額料金

5位:BIGLOBE(W04)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):37,335円
  • 通常プランのとき(1年あたり):-円
  • 期間:2年
  • キャッシュバック:15000円+月額料金

5位:BIGLOBE(L01)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):37,335円
  • 通常プランのとき(1年あたり):-円
  • 期間:2年
  • キャッシュバック:15000円+月額料金

6位:GMOとくとくBB(W05)

  • ギガ放題のとき(1年あたり): 37,869円
  • 通常プランのとき(1年あたり):30,675円
  • 期間:2年
  • キャッシュバック:40,900円

6位:GMOとくとくBB(W04)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):37,869円
  • 通常プランのとき(1年あたり):30,675円
  • 期間:2年
  • キャッシュバック:40,900円

7位:So-net(W05)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):38,588円
  • 通常プランのとき(1年あたり):31,775円
  • 期間:3年
  • キャッシュバック:40,700円

7位:So-net(WX04)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):38,588円
  • 通常プランのとき(1年あたり):31,775円
  • 期間:3年
  • キャッシュバック:40,700円

8位:GMOとくとくBB(WX04)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):39,235円
  • 通常プランのとき(1年あたり):32,041円
  • 期間:3年
  • キャッシュバック:36,800円

9位:GMOとくとくBB(L01s)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):39,435円
  • 通常プランのとき(1年あたり):32,241円
  • 期間:3年
  • キャッシュバック:36,200円

10位:GMO(月額割引)(W04)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):40,497円
  • 通常プランのとき(1年あたり):33,630円
  • 期間:2年
  • キャッシュバック:月額割引

10位:GMO(月額割引)(W05)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):40,497円
  • 通常プランのとき(1年あたり):33,630円
  • 期間:2年
  • キャッシュバック:月額割引

 

ということで、ここまでからもっとも実質の料金が安くなるキャッシュバックキャンペーンは、GMOとくとくBBの2年契約で、機種はWX03、キャッシュバックが34,100円となっています。

 

なのですが、後ほど詳しく解説しますが、これよりも、3位であげているGMOとくとくBB(W05)の以下のものがおすすめです。

  • ギガ放題のとき(1年あたり):35,625円
  • 通常プランのとき(1年あたり):28,759円
  • 期間:2年
  • キャッシュバック:32,300円

 

これには理由がありますので、詳しく解説していきますね。

 

WiMAXのキャンペーンで意識しておきたい3つの視点

さて、このWiMAXのキャンペーンでは、以下の3点を意識しておきましょう。

  • 特典の違約金が高くないか
  • 対象の機種は新しいものになっているのか?
  • 3年プランで申し込んでも将来的に大丈夫か?

それぞれについて詳しく解説していきます。

特典の違約金が高くないか

時たまありますが、通常の解約金にプラスして、特典の違約金がかかるケースになります。

BIGLOBEを解約した時の特典解約金が高いので、GMOとくとくBBと比較してみたいと思います。

GMOとくとくBBを13ヶ月で解約する時には、通常24,800円かかります。(税抜き)

 

しかし、BIGLOBEを13ヶ月で解約する時には、以下の料金がかかってしまいます。

  • 通常の解約金 14,000円(税抜き)
  • 特典違約金20,000円(不課税)
  • データ端末の残債11ヶ月×800円=8800円(税抜)

これを全て合わせた時には、42,800円となりますよね。

 

なお、この解約に関する情報は基本的には意外と目立たないところに書いていたり、あるいは店員にさらっと流される程度のことも少なくありません。

あとでそんなものがあるなんて知らなかったと言っても、規約の中に細かく書かれていますので、注意してくださいね。

とはいえ、長いので、読む気にはならないかと思いますが…。

 

対象の機種は新しいものになっているのか?

高額のキャッシュバックが行われていると、ついつい飛びついてしまいがちですが、実際に選択する機種が1年前のものということも少なくありません。

発売時期がたった1年異なるだけでも、非常に性能が変化するので、たとえ1000円から4000円ほど高かったとしても、最新機種を選ぶようにしてください。

また、持ち運びが難しいホームルーターのL01についても在庫処分で安くなる傾向があります。

しかし、安いとはいえ、古ければ、後々接触が悪かったり、イライラの原因になる可能性も高いです。

 

3年プランで申し込んでも将来的に大丈夫か?

2017年から3年契約プランというのをプロバイダがサービスとして打ち出していますが、これについては本当に注意が必要です。

もしも3年契約にすると、解約タイミングが3年に一度ということになります。

3年目、6年目、9年目の各1ヶ月の間で契約を解約しないということは、解約金が9500円以上かかってしまいます。

なので、料金が大幅に安くなるくらいのメリットはありません。

 

また、同じルーターを3年間も使わないといけないのも、3年プランが推奨できない理由です。

というのも、1年や2年もすると、スペックがさらにアップした新しいルーターが数多く登場されているものだからです。

 

例えば、W05とW02を比較してみると、下りの最高通信速度は3倍以上で、バッテリーの持ちも格段に改良されています。

バッテリーに関していうと、故障すると修理代がかかったり、同じ機種を長時間使うとデメリットが多いです。

もしも2年契約で申し込みをしたとすると、2年たつと一旦解約をして、再度新しい機種で申し込みできますよね。

さらに、新しくキャッシュバックも手にできますので、3年契約は危険なのです。

 

3年プランはデメリットしかないのか?

もちろん、3年プランには3年プランでメリットもあります。

「au 4G LTE」というハイスピードプラスエリアモードを利用できることです。

 

主にWiMAX回線が通っていない山間部などで利用されます。

「au  LTE回線」を使って通信することができます。

端末のタッチパネルから簡単に切り替えることが可能です。

 

ただし、このモード、そもそも以下のようなデメリットがあります。

  • 別途月額1005円料金がかかる
  • このモードで7GB以上使うと、その月は通常の通信モードも含め、128kbpsの低速制限がかかる
  • 制限がかかると、当月は遅いまま

通常はデメリットが多いので、あまり使われないものの、地方の出張や旅行などでは重宝します。

 

キャンペーンでもっともオススメなのは?

ということで、キャンペーンを見極める上で重要なのが、

  • 特典の違約金が高くないか
  • 対象の機種は新しいものになっているのか?
  • 3年プランで申し込んでも将来的に大丈夫か?

以上の3点です。

 

となると、『GMOとくとくBB』の34,100円キャッシュバックキャンペーンは、対象機種が「W04」なので、古いです。

また、同率の「L01」は古いですし、ホームルーター(持ち運びできない端末)なので、使える用途が非常に限られます。

 

ですので、キャッシュバック金額については1900円下がってしまいますが、最新機種のW05の32,300円のキャッシュバックを手にできるキャンペーンを推奨します。

3位:GMOとくとくBB(W05)

  • ギガ放題のとき(1年あたり):35,625円
  • 通常プランのとき(1年あたり):28,759円
  • 期間:2年
  • キャッシュバック:32,300円

もしも申し込みされる場合には、公式サイトからの申し込みを推奨します。

>> WiMAXのキャンペーンのオススメはこちら

 

GMOのキャッシュバックが高い理由は?

2018年4月現在はこのGMOとくとくBBは、Web集客に今力を入れています。

こうすることで、人件費や土地代を安く抑えることができます。

その削減できた費用は企業の取り分も増えますし、さらに、購入者にキャッシュバックという形で、できるわけです。

 

GMOとくとくBBの運営元のGMOインターネット株式会社はインターネット業界では有名なネットの販売代理店です。

ネット販売代理店の中でも非常に高いレベルのキャッシュバックを実践しています。

 

キャッシュバックを受け取る時に注意すべきポイント

これに関しては、GMOとくとくBBに限った話ではなく、ほぼ全てのインターネット回線やプロバイダでも当てはまりますが、キャッシュバックを手にする際に気をつけるべきポイントがあります。

キャッシュバックのキャンペーンはお得ですが、あることを意識できていなければ、キャッシュバックを受け取れません。

 

キャッシュバックを受け取るための手続きとは?

手続きは非常に簡単です。

契約11ヶ月目にGMOから送られてくる口座情報登録メールから1ヶ月以内に振込口座を登録する必要があります。

たった、登録するだけなのですが、登録できないとなると、キャッシュバックは一円足りとももらえません。

待ってはくれないので、注意が必要です。

 

このようなクレームがツイッターでは複数見つけられました。

内容自体はとても簡単なので、メールをみて、口座情報を登録するのみです。

 

手続き不要なプロバイダはないのか?

ということで、気になるのはそのような手続きがなくてキャッシュバックをもらうことができるプロバイダはないのかということですよね。

ただし、BIGLOBEについては少し異なる方法を取っています。

  1. 契約後、期間内にアンケートに答える
  2. 13ヶ月目に引換券が郵送されるので、銀行で手続きして現金を受け取る

郵送で送られるとなると、手続きは忘れにくくなりますので、その点はメリットと言えます。

 

しかし、2年以内に解約をすると、通常の違約金にプラスして、特典違約金やデータの残債請求が発生することもあって、ややデメリットも多いです。

>> GMOとくとくBBの公式サイトはこちら

>> BIGLOBEの公式サイトはこちら

 

ちなみに、これ以外では、残念ながら、私が実際に使ってみた結果、オススメできるプロバイダはありませんでした。

手続きがほぼ同じな割に、料金が高いものが多かったからです。

 

契約プランやルーターを選ぶ時のコツは?

では、利用するプロバイダを選択した後は、契約プランとルーターについて考えていく必要があります。

契約するなら、ギガ放題プラン。そして、ルーターはW05を推奨します。

 

プランの選び方は?

プランは、以下の二つがあります。

  • 通常プラン(3,609円):データ量が月額7GBを超えると128kbpsの速度制限がかかる
  • ギガ放題プラン(4,263円):月間の制限がないのでいくらでもネットを楽しめる

決める基準としては、7GBというのがポイントです。

ちなみに、7GBというのがどれくらいなのかみておきましょう。

  • メールの送受信の場合:270万通
  • ホームページの閲覧の場合:7,500ページ
  • 動画の視聴の場合:4.5時間
  • 音楽のダウンロードの場合:255曲

大体の目安はこんな感じです。

もしも、これよりももっとインターネットを使われるならギガ放題プランを推奨します。

 

ルーターの選び方は?

それでは、ルーターをどのように選ぶのかですが、結論で申し上げると、最新機種のW05が一番です。

大きな理由は以下の通りです。

  • 通信速度が現状一番速い(558Mbps、LTE利用で708Mbps)
  • 「au 4G LTEモード」など、全ての機能が使える
  • 上り通信速度もアップし、画像のアップロードなどが速くなる

 

ちなみに、機種によって異なるので、過去の機種とも比較した表を引用します。

この中でも注目すべきポイントについてみておきましょう。

注目ポイント①:通信速度が最速

W05は現状では、どのポケットWiFiと比較しても最速になっています。

W04が発売された時でも大きな変化だったのですが、下りの最大通信速度が708Mbpsとなっていて、もっとも最速です。

やはり、インターネットで重要なのは少しでも速く通信できるということですよね。

なので、選択肢としては、新しいW05を推奨します。

注目ポイント②:au 4G LTEモードの708Mbps通信にも対応している

W05は「au 4G LTE (ハイスピードプラスエリアモード)」というauのLTE網を利用したより広域をカバーした通信を利用でき、最高速度708Mbpsの高速通信ができるようになります。

このモードは、WiMAX回線が通っていない場所で適用になるモードをさし、月額1005円で、電波の弱いエリアに出張したり、旅行したりする際に重宝するモードとなっています。

注目ポイント③:上り通信速度も大幅アップ

アップロードする際の通信速度もアップします。

上り速度というのは、写真や動画のデータをWeb上にアップロードする時の速度をさします。

  • W05:上り最大75MBps
  • WX04以前:上り最大30MBps

このようにアップロードの際には、過去のWiMAXと比較すると倍以上のスピードが出ることがわかりますよね。

InstagramやTwitter、YouTube、Facebookなどへのアップの際にも非常にスピーディにできるので、お勧めできます。

 

 

クレードル・USBケーブルは一緒に買ったほうがいいのか?

WiMAXの充電をするための台を表すクレードルとケーブルはこの時に一緒に購入できます。

しかし、やはりお値段が結構するものですので、わざわざ公式ページで購入する必要はないかもしれません。

購入しても実際に利用しない人も少なくありません。

もしも必要に感じられたら、Amazonで購入するというのも一つです。

料金は、3,000円から4,000円ほどで手に入りますよ。

 

なお、中には、Wx04を推奨するサイトもあったのですが、これはお勧めできません。

バッテリー交換を自分でできるというメリットから推奨されたりしていますが、このWX04のバッテリーは2018年4月の段階で、公式ページでも、アマゾンでも販売されていません。

おそらく、そのサイトが昔のデータのまま更新されていないからだと思いますが。

ということなので、注意するようにしてくださいね。

 

申し込みから解約するまでの流れをまとめてみた

ということで、WiMAXの申し込みから解約までの流れを詳しくまとめてみました。

ステップ①:利用できるエリアに該当するかチェックする

まずはWiMAX2+サービスエリアを使って、利用できるのかどうかチェックしてみてください。

そもそもWiMAX2+を利用できないなら、使えませんので。

ステップ②:申し込みをする

続いて公式サイトを経由して申し込みをします。

どうしても、価格ドットコムなどを経由したりすると、解約金が高くなるようなこともありますので、公式からの申し込みを推奨します。

>> GMOとくとくBBの公式ページはこちら

なお、契約プランと機種については、すでに説明していますが、以下のものがおすすめです。

  • 契約プラン:ギガ放題
  • 機種:W04

 

ステップ③:商品が届き、使用スタート

使用するまではとても簡単です。

箱を開けて、SIMカードを本体にさして電源を入れるだけです。

それが終わったら、パソコンのインターネットの設定の部分を選択して、一緒に同封されているセキュリティキーを入力します。

ここまで3分もかかりませんよ。

 

解約する(GMOとくとくBBの場合)

もしも解約をする場合には、基本的に、2年、4年と2年単位で解約金がかからない時期がありますので、その時期に解約することを推奨します。

解約申請書をダウンロードして、必要事項を記入して、各月の20日までに郵送してください。

ダウンロードはこちらからできますので、やってみてくださいね。

解約申請書をダウンロードする

 

もしも20日を越えると、翌月解約になるため注意が必要です。

解約金は以下の通りです。

  • 1ヶ月目〜24ヶ月目: 24,800円(税抜)
  • 25ヶ月目: 無料
  • 26ヶ月目以降〜: 9,500円(税抜)

もしも公式ページ以外から申し込みをすると、解約する際に支払わないといけないお金が高くなったり、契約上の縛りが生じることがあるので、注意してくださいね。

まとめ

ということで、もしも安さを重視されるなら、GMOとくとくBBで決まりです。

  • 契約プラン:ギガ放題
  • 機種:W05

こちらを是非とも使ってみてくださいね。

実際に使ってみましたが、苦なく使えるので、おすすめです。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フレッツ光西日本で一番お得なキャッシュバックキャンペーンを受け取る方法!

超ピンチ!フレッツ光東日本のキャッシュバックが大幅ダウン

NURO光に申し込み!キャンペーンで圧倒的にお勧めはどこ?

メガエッグのキャンペーンや料金・評判を全部まとめると衝撃なことが!

コミュファ光キャッシュバックのキャンペーンはいつ?最もお得な方法とは?

NURO光の代理店キャッシュバック比較!おすすめが公式サイトである理由とは