サクッと終わる!マンションのインターネットの工事内容を解説

マンションでインターネットの工事をしてもらう際にはどのような工事が行われるのかって気になりますよね。

 

特に初めて申し込みする方からすると、工事というのが結構大掛かりで大変なイメージを持たれたり、面倒に思われることも少なくないと思います。

 

今回はマンションのインターネットの工事について詳しく解説します。

オススメ記事:マンションのインターネットおすすめランキング!料金が安いのはどこ?

光インターネットは光ファイバーを使う!

光回線を使ってインターネットを活用するには、光ファイバーを利用します。

光というのは、光ファイバーという通信ケーブルを活用しているからこのように呼ばれます。

 

この光ファイバーの特徴として、高速で長距離のデータ通信をすることにとても適しています。

ただし、LANケーブルと比較すると、ややもろい一面があり、ケーブルを折ると、すぐに折れてしまうので、注意が必要です。

マンションのインターネットの工事の流れは?

マンションで光回線を引く際に行われる工事方法ですが、以下のような手順が一般的です。

  1. 光ファイバー線を部屋に引き込む
  2. 部屋の中に専用の端末を設置する
  3. 引き込んだ光ファイバーと端末を繋ぐ
  4. パソコンを使って手引書の説明に沿って設定を行う

 

マンションの光回線の工事はこれで終わりになります。

かかる時間は30分から1時間ほどです。

 

建物が古かったりした場合や他の線との兼ね合いから、1日で終わらないということもあって、僕自身、昔事務所にインターネットを引こうとした時に、なぜかすぐにネットを引くことが出来なかったことがありました。

その場合は、2日くらい時間がかかることもありますが、たいていの場合は問題なく30分から1時間で終了します。

 

基本は業者さんに任せておけば大丈夫で、建物によっては要相談ということになることもあります。

関連記事:マンションでインターネット回線を検討する時に必須の7つのことは?

マンションタイプと戸建てタイプの工事の違いはあるの?

マンションタイプとファミリータイプの工事内容。

今まで戸建てだったけど、今回はマンションに住むことになったという場合、具体的にどんな違いがあるのかt違いがあるのかってよくわかりませんよね。

ということで、マンションタイプと戸建てタイプの二つの工事の違いについて紹介しておきます。

マンションタイプの工事内容

それでは、マンションタイプの具体的な工事内容についてみておきましょう。

結論からみていくと下の図のようになります。

出典:フレッツ光公式サイト:フレッツ光 開通工事レポート 集合住宅にお住まいのお客さま

 

すでに、マンションやアパートの共用設備に光ファイバー線が引き込まれています。

そして、スプリッタというマンションの全ての部屋に対して分配するための機器が取り付けられています。

 

そのようなこともあって、工事の内容はその共用設備の部分から光インターネットを申し込んだ人の部屋の中まで、光ファイバー線を通すことになります。

そして、ホームゲートウェイと言われている機器を設置して、光ファイバー線と機器を接続します。

  1. 外から光ファイバーケーブルを引き込む
  2. マンション共用スペースのスプリッタから線を各家に分散
  3. 光コンセントとホームゲートウェイ(Wi-Fiルータ)を結ぶ
  4. パソコンとルータを繋げる

このような流れになります。

 

光コンセントというのは、よく家のコンセントがある部分の近くに丸い穴や凸状の穴がありますよね。

光ファイバー線がカチッと差し込める仕組みになっています。

ちなみに、マンションやアパートの種類によっては、共用設備からLANケーブルや電話回線の設備を利用する場合もあります。

 

なお、光ファイバーの引き込みと、Wi-Fiルーターの機器の設置が完了し、光ファイバーと機器との接続が完了した時には、工事員が通信チェックをします。

それで特に問題がなければ工事は終了となります。

 

この後に必要なのが、自分でインターネット接続の設定です。

なお、自分一人で行う自信がないという場合には、インターネットの接続についてサポートしてくれるようなサービスもありますので、こちらも活用してみてください。

ちなみに、無線LANルーターを持っているという場合には、無線で繋ぐWi-Fi接続のみでネット接続の設定も可能です。

 

もしもフレッツ光を使う予定の方ならこんなチャンスも!

なお、賃貸物件については、もしもあなたの前に住んでいた人がフレッツ光を使っていた場合には、光コンセントがすでに部屋にあるということもあります。

そのような場合には、工事員が来ることなく、ネット回線を開通させることもできます。

光ファイバー用のホームゲートウェイ/ONUという機器が届けられます。

 

一緒に入っている光ファイバー線を光コンセントとその機器で繋いでこれで準備は完了です。

この時には、工事員さんの通信確認というものがないんですよね。

ということで、万が一わからないことが出てきたら、聞くしかありません。電話してください。

とはいえ、普通に説明書を読んで対応できる気もしますが…。

 

戸建てタイプの工事内容は?

戸建てタイプ、別名ファミリータイプと言われたりもしますが、マンションとの違いを解説します。

この戸建てタイプの方は外にある電柱から直接光ファイバーを引き込みます。

ただし、マンションタイプでも、設備がしっかりと整っていない場合、戸建てタイプと同様に、電柱から直接引きます。

出典:フレッツ光公式サイト:フレッツ光 開通工事レポート 集合住宅にお住まいのお客さま

 

マンションタイプとの大きな違いは、直接光ファイバーを引き込むということもあって、いくつかの接続方法があるということです。

通常の場合、電話線の配管を使うのですけど、無理な時には、エアコンダクトや壁に穴を開けて対応します。

 

この時に気をつけなければいけないことがあります。

それは、賃貸物件の時には、穴あけはやめてほしいと言われることがあるということです。

ということで、もしも電話線の配管やエアコンダクトから引き込むことが出来ないという時には、インターネットの開通をすることができなくなってしまうのです。

それだけ要注意です。

 

残りは基本的にマンションタイプとやることは一緒です。

部屋の壁に光コンセントをつけて、機器を取り付けます。

最後に、光ファイバーと機器を接続して、インターネット通信ができるかどうかチェックしてください。




実際に試してみて遅いと感じたら?

ということで、ここまで工事の方法について解説してきました。

しかし、いざ、工事をしてインターネットに接続してみると、遅いって思われることもあるかと思います。

 

マンションの場合、ネット回線が混雑しやすいという実情もあるのですが、そもそもどうして遅く感じてしまうのかをこちらの記事でまとめていますので、こちらも参考にしてください。

関連記事:マンションのインターネットが遅い理由は?具体的な対処法と一緒に解説

 

また、もしもマンションでインターネットを試してみたけど、満足が行かないので、変更を考えられるという場合には、こちらの記事も参考にしてください。

関連記事:マンションのインターネットおすすめランキング!料金が安いのはどこ?

光回線の工事をする際によくあること

さて、光回線の工事なのですが、実は100%工事することができるわけでもないのはご存知でしょうか?

思っているように工事できなくなる理由として、以下のような要因があります。

  1. 配管に光ファイバーを通す際に、特別な機器が必要になるため、別日に改められる
  2. 今の配管状況が不十分
  3. 配管が詰まって光ファイバーを通せない
  4. 他人の部屋やベランダに入らざるを得ない時
  5. 電話線の差込口が完全に埋まって使えない
  6. 電柱がないこともあって、配線作業が別途必要になる
  7. 市営や国営、県営ということもあって、役所に届け出する必要がある

 

他にも色々とありますが、このようなことが考えられるのです。

どうしても線を通すとなると仕方ないですが、あらかじめこのようなことが起きる可能性もありますので、注意してください。

本来なら30分から1時間ほどですが、場合によってはこのようなリスクもあります。




まとめ

ということで、今回は光回線の工事について解説してきました。

基本的にどのインターネットも流れが一緒です。

 

なお、今インターネットの速度が速いと話題になっているNURO光の場合、NTT側の外工事とSo-net側の宅内工事の合計2回の工事が必要になりますので、注意してくださいね。

【本ブログの9割の読者が合わせて読んでいます】

>> 【2018最新】光回線おすすめランキング!全部調べて比較したおすすめは?

【戸建・マンション別】おすすめの光回線はこちら!!!

>> 【徹底比較】戸建のインターネットで安い、おすすめの回線の選び方

>> マンションのインターネットおすすめランキング!料金が安いのはどこ?

【2018年最新版】今超人気の光回線

  1. auひかりの人気の窓口はこちら!55,000円のキャッシュバックキャンペーン&爆速ネット
  2. ドコモ光の人気窓口はこちら!最大25,000円のキャッシュバック&工事費無料
  3. NUROの人気窓口はこちら!最大35,000円のキャッシュバック&工事費無料&爆速ネット
  4. So-net光の人気窓口はこちら!最大55,000円のキャッシュバック実施中

【関連記事】

>> マンションのインターネットの接続方法を種類に応じて詳しく解説

>> マンションのインターネットおすすめランキング!料金が安いのはどこ?

>> auひかりのマンションタイプの速度や料金、工事内容まとめ

スポンサーリンク