フレッツ光が安くなる方法8選!一番賢く光回線を使う秘策

毎月フレッツ光の利用料金っていくらお支払いしていますか?

安くなっているという方でも大抵は6,000円を超えています。

料金プランやプロバイダーなども複雑で、10,000円を超えているというお話を聞くことも少なくありません。

  • 「少し高すぎないか?」
  • 「安くできないの?」
  • 「ネットのことが難しいから、面倒だし、仕方ないか…。」
  • 「トラブルがあると面倒だから、このままで行こうか…。」

このように感じられている方も少なくないと思います。

 

なのですが、結論から申し上げると、6,000円以上お支払いされているというのは、正直高すぎだと思います。

ひかり

ひかり
どうしたらいいのかわからないという方向けに、今回は、通信費、インターネット回線費を詳しく紹介いたします。

大きく分けてやりたいことは3つあります。

フレッツ光の今のプラン、一回考え直してみよう

はじめに、絶対にしておきたいのが、フレッツ光の今のプランそのものを見直すということ。

とはいえ、見直すとはいっても、具体的にどのように行えばいいのかって、よくわからないことも多いですよね。

普段からインターネット回線の話をするわけでもないですし、ごちゃごちゃとしていて、面倒に感じられる方も少なくありません。

 

そこで、特に見直す際に意識しておきたいポイントをチェックしていきます。

オプションを一つでも減らす

はじめにするのがオプションを一つでも多く減らして、フレッツ光の基本料金である6,100円までに下げてしまうという方法になります。

こちらは、電気屋などで契約をする際に業者の人に勝手に色々とつけられてしまったケースです。

親切さからこんなサービスもおすすめなので一緒にどうですか?と言われてつけたサービス。

なので、加入しているオプションをまずは全部確認して、それぞれどのようなサービスなのかを確認の上、今の自分に不要なものに関しては全て外すようにしてください。

 

具体的には、光電話A(エース)と言われているサービスが存在します。

こちらの基本料金はナンバーディスプレイやキャッチホンなどのオプションが一緒についており、毎月1,500円かかります。

もしも、固定電話を最近使用しないという場合、エースを利用するのではなく、普通の光電話に変更することで、基本料金は500円になります。

すると、毎月あたり、1,000円を浮かせることができます。

ひかり

ひかり
他にも、トラブルが起きた時に。、遠隔操作をしてくれるようなリモートサービスもあるのですが、正直、利用する機会というのはあまりないはずです。

「あくまであるに越したことはないけれど…」という類のサービスも少なくありません。

注意しておくべきポイントは?

NTTの中では、特にオプションに加入をしていないとしても、プロバイダーで加入していることがあります。

もしもオプションを整理するのであれば、NTTフレッツ光とプロバイダー会社の両方に電話で加入しているオプションを問い合わせてみてください。

 

さらに、フレッツ光を申し込み、その際に、キャッシュバックを手にした人は条件として、「オプションは〇〇ヵ月後までは外すな」ということを言われたかもしれません。

加入をして時間が立っていたら、問題なくそのオプションを外せますが、場合によってはお金の支払いが必要になるようなケースもありますので、注意してくださいね。

プロバイダーを変えてしまう

続いて紹介するのは、プロバイダーそのものを変更してしまうという方法です。

フレッツ光というのは、NTTとプロバイダーの二つの会社と契約することになり、それぞれから料金がかかる計算になります。

 

フレッツ光のネット料金は、5,000円(にねん割)ほど。

これに加えて、プロバイダーの料金が加算されます。

 

要するに、今よりも安いプロバイダーを選択することはできたら、月額の料金を落とすことができますよね。

一般的によく利用するプロバイダーの料金を詳しくまとめてみました。

とくとくBB 500円
BBExcite 500円
AsahiNet 780円
WAKWAK 950円
 So-net 1,000円
Plala 1,000円
OCN 1,100円
Yahoo!BB 1,200円
BIGLOBE 1,200円

 

みていただくとお分かりになると思いますが、とくとくBBとBIGLOBEを比較していただくと、倍以上値段が異なりますよね。

もしも、Yahoo!BBからBBexciteに変更した場合には、700円安くなります。

ひかり

ひかり
ちなみに、料金や安いのはいいのですが、逆にその分、サービスの質が悪いなどの問題も考えられます。

どっちを優先するのかというのは個人の判断ですが、安くすることを優先したいという方はこのプロバイダーを変更するというのも一つの方法となります。

フレッツ光ライトプラスを活用してみる

NTTのネット料金はどれを選択しても、5,000円なのですが、ネットを使用する頻度が少ないという方もいらっしゃるかと思います。

これがフレッツ光ライトプラスです。

 

フレッツ光というのは、ネットが使いたい放題ということもあって、いくら使用しても5,000円なのですが、ネットを利用する頻度が少なくなるという方もいらっしゃると思います。

そこでおすすめなのがフレッツ光ライトプラス。

定額制ではなく、使った分だけ増えていく、従量制ということもあって、非常に節約できるようになります。

 

料金の仕組みはこんな感じです。

出典:https://flets.com/lightplus/fee.html

通信速度を3,000MB(3GB)で抑えることができたら、最低料金の3,800円で利用することができ、毎月1,200円の節約になります。

ひかり

ひかり
ただし、8,000MB(8GB)を利用する場合には、最低でも3,800円で利用でき、毎月1,200円の節約になります。

8GB以上、使うのであれば、逆にコストが高くなりますので、そのような場合には、おすすめはできないです。

3GBってどれくらい?イメージできないんですけど…。

とは言っても、3GBってどれくらいなんですか?

あまりイメージできないのですが…。

 

私自身インターネットの通信容量について詳しくない時にはよく感じていました。

公式ページの情報によると、動画の場合は月に約16時間(1日30分くらいの計算)、さらに、ホームページを閲覧するなら毎月2,000ページとなっています。

 

オンラインゲームなどと一緒につなぐと、すぐに超えてしまいますが、メールのチェックやサイトの観覧くらいであれば、特に大きな問題はないかなというイメージがあります。

 

トラブル

最近では、ホームページ内で数多くの画像が使用されていたり、動画が入っているものもあります。

もちろん、動画を視聴していないと言われても、知らず知らずに大きな通信料になってしまうことがあるのです。

 

また、パソコンやスマホの場合には、自動的に通信してしまうというようなこともありますので、全く使っていないのに、上限にかかっているようなことも十分考えられます。

ひかり

ひかり
節約をしたいと思ったとしても、逆に、高くなることがあるとすると、大きなストレスがかかってしまいますよね。

さらに、通信も目に見えないということもあって、ややリスキーな方法でもあります。

【関連記事】

光コラボに転用する

「フレッツ光をさらに安く使えるようになった!」というような営業文句を耳にされたことはありませんか?

実は、光コラボレーションによって、フレッツ光の回線をそのまま利用して他の回線に乗り換えができるようになりました。

  • 少しでも安くしたいものの、色々手間がかかるから行えていない
  • 違約金が多く残っているので変えることができていない
  • 再工事したり連絡するのが面倒

このように過去に面倒と感じられていた人からすると、何もしないで安くできるということもあって、嬉しいですよね。

なので、数がたくさんある光コラボを見ていきましょう。

一番安い光コラボを選択しよう

たくさん光回線というのはありますが、その中でも一番安いものを選択したいですよね。

そこで、各光回線の料金について、まとめて見ました。

戸建ての場合

安いものから順番に列挙していきます。

BBexcite光 4,360円
エディオン光 4,400円
ぷらら光 4,800円
U-NEXT光 4,910円
IIJmio光 4,960円
BIGLOBE光  5,100円
 ozzio光  5,100円
hi-ho光  5,100円
 OCN光  5,100円
ASAHINET光  5,180円
 ソフトバンク光  5,200円
ドコモ光  5,200円
So-net光  5,200円
@nifty光  5,200円
TSUTAYA光  5,200円

 

マンションの場合

こちらも安いものから列挙していきますね。

エディオン光 3,200円
TSUTAYA光 3,300円
BBexcite光 3,360円
ozzio光 3,600円
ぷらら光 3,600円
OCN光 3,600円
ソフトバンク光 3,800円
 hi-ho光 3,900円
U-NEXT光 3,910円
 IIJmio光 3,960円
@nifty光 3,980円
ドコモ光 4,000円
 ASAHINET光 4,080円
 So-net光 4,100円
BIGLOBE光 4,180円

 

表を比較していただきますと、BBExcite光とエディオン光が非常に安いということがわかります。

なのですが、安くなると安くなるほど、評判や口コミは落ちる傾向があります。

 

安いには、安いだけ理由があるということですね。

あまりおすすめはできませんが、確かにインターネットの通信費は安く抑えることは可能になります。

スマホも安くなる光を選ぶ

続いてご紹介するのは、スマホも一緒に利用することで安くなるものを選択するということです。

ドコモ、ソフトバンク、auを利用している場合は、それぞれ、ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりを利用することによって、スマホ料金を安くすることができます。

ただし、こちらはやや口コミがよくなかったり、速度が落ちたり、繋がらなくなるというようなトラブルに発展することもあるようです。

 

そもそも、光コラボ全体がややトラブルだらけで評判もよくありません。

個人的には、家族の全員がソフトバンクなら変更するのもありかと思いますが、スマホが1台しかないのであれば、ややリスクがあるように感じます。

なので、安心して利用できる回線を選択できるようにしましょう。

ドコモ光の場合

ドコモ光の場合には、プロバイダー料金込みで、5,200円となっています。

スマホの割引額はシェアパックの容量によっても変化します。

  • 家族でシェアしている時には、800〜3,200円引き
  • 一人で利用している場合には、500〜1,100円引き

になります。

>> GMOとくとくBBのドコモ光の申し込みはこちら!10,700円のキャッシュバック実施中!


ソフトバンク光

続いて、ソフトバンク光ですが、プロバイダー料金込みで考える場合には、5,200円担っています。

スマホの割引額はデータ容量によって、変わってきて、家族のソフトバンク機1台につき割引が発生します。

容量 割引
小容量 500円
標準 1,522円引き(3年目以降は1,008円引き)
大容量 2,000円引き(3年目以降は1,008円引き)

 

>> 【SoftBank光キャンペーン】新規もお乗り換えも!公式&当社のダブルキャンペーンで合計5.1万円分還元!



回線ごと変えるのも一つ

光コラボのメリットとして、比較的簡単に乗り換えを行えるということがあります。

しかし、実際に、変えた人というのは、逆にネットが遅くなったという声も少なからずありました。

いくら安くなったとしても、遅くてイライラやストレスを抱えることになると、本末転倒ですよね。

なので、回線ごと変えてしまうというのもありかなと思います。

 

光コラボとの大きな違いは再工事が入ってしまうということです。

しかし、その分、速度が非常に速く安定し、料金も安くなり、場合によってはキャッシュバックなどの特典で現金を手にできるケースもありえます。

ひかり

ひかり
インターネットというのは長く使うものですし、今ではなくてはならないものですよね。

だとしたら、一旦、プランをしっかりと見直して見て、毎月をさらに安く、快適な環境を作って、もう通信関係が終われば問題ないというような状態を作ることもおすすめです。

光回線の圧倒的1位は?….au光!

光回線で、一番優秀と言えるのはどこなのでしょうか?

その答えは、au光です!

 

先ほど、ドコモ光やソフトバンク光を紹介してきましたが、auひかりは光コラボではなく、独自の回線を使用しています。

要するに、工事が入るということになります。

 

なのですが、auひかりでは、工事費無料のキャンペーンも行なっていて、切り替え工事も部屋に穴を開けたりもしないので、1時間もしないくらいで工事を終えられます。

auひかりには魅力がたくさんあるのですが、大きく分けると、以下のようなメリットがあります。

  1. 速度が比較的安定している
  2. 月額料金は5,100円(2年目は5,000円、3年目以降は4,900円)
  3. auスマホ1台につき1,410円引き
  4. 現金キャッシュバックが50,000円以上のものがある
  5. フレッツ光などの他社の違約金を負担してくれる

このように、フレッツ光よりも圧倒的に安く、かつ、光コラボよりも快適にネットを利用することができます。

再工事は入るものの、違約金は負担してくれます。

 

また、55,000円が口座振り込みでキャッシュバックされたりもするため、今顧客満足度1位を誇る光回線として有名になっています。

この機会に是非とも登録して見てくださいね。

>> auひかりで55,000円のキャッシュバックを手に入れる!

関東・関西・東海のソフトバンクユーザーは…NURO光

関東、関西、東海エリアでサービスを提供しているNURO光。

非常に光回線のスピードが速いということでおすすめです。

 

光コラボのソフトバンク光と比較した時には、NURO光の方が毎月とても安く、かつ、速いという特徴があります。

さらに、キャッシュバックもあるということで、非常におすすめです。

 

大きな特徴は以下の通りです。

  • 毎月4,743円なのでとても安い
  • 速度が他と比較すると2倍!
  • ソフトバンクのスマホセット割が適用される
  • 30,000円のキャッシュバックがある

ということで、とてもおすすめの光回線なのです。

>> NURO光の申し込みはこちら!

ルーターが非常に簡単に行えるWiMAX!

光回線ではなく、WiMAXをもつというのもおすすめの方法です。

WiMAXの場合、その機器があるとどこでもネット環境を作ることができるようになるということもあり、工事する必要性もありません。

さらに、料金についてもフレッツ光と比較すると、とても安くすみますし、キャッシュバックも充実していますので、お得にネットを利用することができますよ。

ちなみに、お金ですけれども、3,609円に23,500円のキャッシュバックがついてきます。

以下のような人であれば、おすすめです。

  • ネットの速度には特にこだわりがない
  • 工事をしたくない
  • 外でも自由にネットを使いたい
  • 固定電話は使う予定がない

>> PEPABO WiMAXの申し込みはこちら

まとめ

ということで、フレッツ光を少しでも安くするための方法について詳しく紹介してきましたが、いかがでしょうか?

まとめるとこんな感じです。

  • フレッツ光の今のプラン、一回考え直してみよう
    • 1.1 オプションを一つでも減らす
    • 1.2 プロバイダーを変えてしまう
    • 1.3 フレッツ光ライトプラスを活用してみる
  • 2 光コラボに転用する
    • 2.1 一番安い光コラボを選択しよう
    • 2.2 スマホも安くなる光を選ぶ
  • 3 回線ごと変えるのも一つ
    • 3.1 光回線の圧倒的1位は?….au光!
    • 3.2 関東・関西・東海のソフトバンクユーザーは…NURO光
    • 3.3 ルーターが非常に簡単に行えるWiMAX!

最も高くなってしまうのが、フレッツ光を今のまましようし続けてしまうこと。

昔であれば、フレッツ光しか選択肢がありませんでした。

なのですが、今はとても安いネット回線が多数ありますので、この機会に是非とも活用してみてくださいね。

【関連記事】

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

自宅でインターネットを格安で使う方法!<初心者向け>

auひかりの申し込みをお得にする方法!初心者におすすめなのは?

【必読】インターネットが繋がらない時の対処法!一瞬で直す方法とは

即使える!スピードテストに最適な回線の速度測定サイトおすすめは?

ソフトバンク光は携帯代とセットで安いって本当?調査結果まとめ

NO IMAGE

UQ WiMAXとは?契約から特徴、解約方法まで1記事でまとめたよ