【必読】PS4でインターネット接続できない時の5つの解決策

スポンサーリンク

PS4をプレイしている最中にインターネット回線の速度が急に繋がらなくなってしまったり、回線が落ちてしまうというような状況に陥っていませんか?

 

オンラインゲームをプレイする時に、何よりも重要になってくるのが速度ですよね。

対戦を誰かとやっていると、ネットが遅いということがきっかけとなって、負けてしまうということも少なくありません。

 

さらに、いざという時に、回線が落ちてしまってはなんとも言えない状態になりますよね。

そこで、今回は、そのようなあなた向けで、速度を少しでも速い状態にして、ゲームをプレイできるようになるための方法を解説していきます。

PS4でインターネットに繋がらない時の5つの対処法

こんな声がよくありますよね。

こんな時に具体的にどのような対策を取ればいいのでしょうか?

主に5つの方法があります。

  1. 同時接続数が多くないか確認する
  2. 無線LAN設定を見直す
  3. 優先LAN設定を見直す
  4. 利用しているルーターを見直す
  5. 使っている光回線そのものを見直す

それぞれについて、順番に解説させて頂きます。




解決策1:同時接続数が多くないか確認する

まずすぐにできるのは、家の中でネットに接続している端末が多くないかどうかを確認するということです。

もしもPS4以外にも多数の端末を接続しているという場合、当然ながら、通信速度やインターネットの安定感に欠けてしまいます。

なので、使っていないのにインターネットに接続している端末がある場合には要注意です。

ひかり

ひかり
特にPS4側で配信ソフトのダウンロードを実施している場合、今回のようにPS4がインターネットに繋がらないという問題が生じることは多いです。

解決策2:無線LAN設定を見直す

一つ目が自宅で、WiFiを利用している場合です。

無線LANの場合、線でつなぐことなく、スマホやパソコン、タブレット端末とネットで繋いでいるので、もし使えないとなると、全てに影響が出ているはずです。

その無線LANの状態を見直しましょう。

無線LANの接続を再設定する

時たま、ネットワーク名や接続情報などを再度設定することで、ネット回線に繋がることがあります。

  • BUFFALOの場合:AOSS
  • NEC・NTTの場合:らくらく無線スタート
  • その他の場合:WPS

各種それぞれボタンで簡単に操作することができますので、この機会に是非ともやって見てください。

 

PS4と無線LANルーター距離は近いか

もしもPS4と無線LANルーターの距離が遠いと当然ながら、ネットに接続することはできません。

無線LANは種類によって、色々と内容が変化しますが、ルーターから5メートルから10メートルくらいがベストです。

そして、出来るだけ障害物が内容にしてください。

>>  WiFiルーターをおくべき場所はどこ?

PS4のWiFiを2.4GHz→5GHz接続に変更する

無線(WiFi)の通信規格は、2.4GHzと5GHzという二つの種類があります。

それぞれメリットとデメリットがあります。

【2.4GHzの場合】

  • メリット:壁などが途中にあっても強い
  • デメリット:電波の干渉を受けやすい

【5GHzの場合】

  • メリット:電波の干渉を受けにくい
  • デメリット:壁などが途中にあると弱い

 

ということで、2.4GHzを5GHzに変更することで繋がる場合があり、その逆もまた然りなのです。

ひかり

ひかり
こればかりは自宅の環境によって変わってくるので、一概にどちらがいいかは実際に試してみないとわからない側面があります。

もしも2.4GHzしか対応していないという場合、この後で紹介する無線LANのチャンネル変更を行なってください。

2.4GHzから5GHzへ切り替える方法は?

それでは、2.4GHzから5GHzに切り替えるためにはどうしたらいいのでしょうか?

まず、利用している無線LANルーターの説明書またはスペックを確認して見てください。

  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11ac

このような表記がある時には、5GHzに対応した無線LANルーターなので、5GHzでWiFi接続することができます。

ルーター本体の無線LANのSSID(WiFiのネットワーク名)で確認をしてみてください。もしメーカーがNECの場合には、自分のルーターのネットワーク名の後ろに【a】と表示されている場合は、5GHzのWiFiの電波です。

各メーカごとの5GHzのSSIDについてはこちらを参考にしてください。

  • BUFFALO:Buffalo-A-XXXX
  • NTT:SSID-3「XXXX-XXXX-3」
  • NEC:aterm-XXXX-a
  • IOデータ:Streamxxxxx

特にルーターの初期値からWiFiのネットワーク名を変更していない場合、ルーターの本体画面の中で、5GHzのネットワーク名が表示されています。

上のXXXXは使っている機器によって異なります。

 

無線LANの通信チャネルを変更する

もしもPS4が5GHzの通信が出来ないモデルの場合、2.4GHzの通信チャネルを変更して電波の干渉をうまく防ぐことが出来ないか考えて見てください。

たいていの場合、チャネルの設定が自動になっていることが多いです。

このチャネルについては、1〜13CHでチャネル指定することができますので、少しでも干渉が少ない場所を探して見てください。

チャネルは数字が近いもの同士で干渉しやすいという特徴がありますので、少し離した数字を選んでチャネル変更してみることを推奨します。

 

解決策3:有線LANの設定を見直す

もしも有線LANを使ってPS4と接続している場合には、一度無線LANケーブルを抜いて、差込口を変更するというのもありです。

接触具合が悪い場合、うまく繋がらなくなるということも少なくありません。

たいてい再仕込み口は複数存在するので、どれかいける場所はないか試して見てください。

LANケーブルのカテゴリーをチェックする

LANケーブルはカテゴリー(規格)なるものがあります。

そのカテゴリーによって、最大で、100Mbpsまでしか伝達しないケーブルも存在します。

 

比較的新しいタイプのPS4を¥使っている場合、最大で1000Mbpsまで受信することが可能です。

しかし、そこで差し込んでいるLANケーブルが100Mbpsまでしか伝達していない規格のものを使用する場合、とてももったいないです。

PS4にオススメの規格

  • CAT5e(カテゴリー5e)→伝達速度1000Mbps〜1000GBASE-TX
  • CAT5e(カテゴリー6)→伝達速度1000Mbps〜1000GBASE-TX

PS4には向いていない規格

  • CAT5(カテゴリー5)→伝達速度100Mbps〜100BASE-TX
  • CAT7(カテゴリー7)→伝達速度10Gbps〜10GBASE-TX

なお、100均の場合、一番最低のカテゴリー5あたりのケーブルなので、注意が必要です。

なので、出来れば多少高くても家電製品や企業の公式通販サイトなどで、しっかりとカテゴリー表記のされたLANケーブルを購入するようにしてください。

 

以上が有線LANの場合の対処法です。

PS4側のIPアドレスの固定をしたり設置しているルーター側のポート開放をするのも一つの手です。

ひかり

ひかり
しかし、セキュリティ的にはあまりよくなくインターネットの通信速度も安定するわけではないので、あまりIP固定やポート開放は推奨しません。

解決策4:ルーターを見直す

続いてできるのがルーターを見直すという方法です。

ルーター・ONUの再起動

よくサポートセンターなどに相談した時に、初めに提示されるのが機器の再起動です。

たいてい、インターネットを使っているユーザーさんは、ルーター機器の電源をつけたままにしていることが多いです。

インターネットの通信系のトラブルの半分近くはこの再起動で治るとも言われています。

ルーターに関してまずやるべきことは再起動です。

 

ルーターの再起動方法は?

ルーターを再起動するためには、インターネット回線を通信している元になっているルーターの電源コードのプラグを本体から抜くようにしてください。

たいていの場合、ルーターの電源プラグは一番端っこにあることが多いので、こちらの電源プラグを抜いて電源を落として、再び取り付けて起動して見てください。

再起動をすると立ち上がるまでに数分かかります。

ルーターのファームウェアのアップデート

購入したルーターでも、本体をアップデートする必要があります。

おそらく多くの方がそのまま放置されていると思うのですが、全くルーターを設定していない場合には、ファームウェアのアップデートバージョンが古い可能性があります。

その場合はアップデートするようにしてください。

解決策5:インターネット接続が遅い光回線を使っていない?

ネットが遅い、繋がらないと評判の光回線について詳しくみていきます。

もしもあなたの使用している回線がこれらに当てはまっていないのかどうかをチェックしてみて下さいね。

フレッツ光

もっとも利用者が多いNTTのフレッツ光。

圧倒的な規模で全国展開している光回線ということであなたも利用しているかもしれませんね。

 

フレッツ光はメジャーな回線ということもあって、安心できますが、加入者が多いので、プロバイダ事情によっては、時間帯によって、とても混雑してしまうようなことも十分に考えられます。

 

例えば、金曜日の夜や土曜日、日曜日。

夜のゴールデンタイムと言われる時間帯も比較的利用者が増えますので、遅くなりやすい傾向があります。

ひかり

ひかり
無線LANのスペックなどにもよるのですが、今の時代に有線を利用するというのは少し納得がいきませんよね。

光コラボレーション

続いては、光コラボです。

NTTが提供している回線をほかの会社が利用していて、独自のサービスを各社が出しています。

具体的な種類は以下のようなものがありますよね。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • OCN光
  • So-net光
  • ビッグローブ光
  • ぷらら光

このようなものが光コラボと言われるものになります。

 

ただ、NTTの回線を利用しているということは、フレッツ光と事情は同じになります。

ネットに対するトラブルも多く、遅い、繋がらないというような声も少なからず、あがっています。

なので、どの回線にしてもオンラインゲームをする分にはやや不安な一面があります。

 

ケーブルテレビ

JCOMヤJCNなどの地域ケーブルテレビに関しても比較的加入している人というのは多い傾向があります。

ケーブルテレビについて言いますと、テレビが主体になっているということもあって、ネットはやや遅くて、料金は高い傾向があります。

ケーブルから光回線に変更することで、安くなったという人たちは少なからずいますし、料金もとても安いので、何もこだわりがないのであれば、ケーブルテレビを使うのではなく、光回線を利用することを推奨しますよ。

 

モバイルルーター

ネットではよくトラブルになったりしているのが、モバイルルーターで繋ぐというような場合です。

モバイルルーターというのは持ち運びすることができるとても便利なルーターなのですが、速度がやや遅く、安定もしないということもあって、よく途切れてしまいます。

他のプレイヤーに迷惑になることも少なくありません。

なので、モバイルルーターはオンラインゲームにはお勧めできません。

 

ADSL

ADSLというのは、電話回線を利用している昔からあるインターネットサービス。

今は利用者は減っているのですが、ただ料金はとても安いということもあって、ADSLを利用している人というのは思っている以上に多いです。

ただ、光回線も安くなってきましたし、速度についてもとても速いので、オンラインゲームを自由に楽しみたいという方には、光回線を推奨します。

 

テザリング

スマホを使ってのテザリングも安定しません。

オンラインゲームをすると、かなり容量がかかります。

 

データ通信量がかかって、速度制限がかけられて、スマホでの検索が非常に遅くなります。

もしも、ゲームを普段からプレイされるというのであれば、光回線を引くことを推奨します。

オンラインゲームにもおすすめの光回線2選!

ひかり

ひかり
PS4を少しでも快適に、ストレスフリーで実施するためには、光回線のスピードが非常に重要になります。

回線速度が非常に速く、かつ、オンラインゲームを快適に楽しみたい場合には、今から紹介する二つの光回線を推奨します。

関東・関西・東海エリアならNURO光

関東・関西・東海限定でサービスを提供しているのは、NURO光(ニューロ光)です。

そのような理由についてはこちらです。

  • 速度がauひかりやフレッツ光の2倍!
  • 料金が5,000円以下!
  • 高速無線LANが標準装備されている

とにかくスピードで考えた場合は、断然、NURO光はおすすめです。

また、料金に関しても同様。

ただし、使えるエリアに限りがあるのがネックです。

ネット料金 4,743円
エリア 関東・関西・東海
初期費用
  • 工事費無料
  • 手数料:3,000円
キャッシュバック 30,000円

 

エリア限定というのがネックですが、キャッシュバックも30,000円ありますので、もしも該当するエリアにお住いということであれば、このNURO光はおすすめですよ。

この機会に是非とも申し込みしてみてくださいね。

>> NURO光の申し込みはこちら!30,000円のキャッシュバックを受け取る

>> NURO光の料金って安い?フレッツ光やauひかりと比較すると意外な事実が…

 

無線でも速い!auひかり

速度では非常にスピーディなauひかり。

ネット料金
  • 5,100円(1年目)
  • 5,000円(2年目)
  • 4,900円(3年目以降)
初期費用
  • 契約手数料:3,000円
  • 工事費:実質無料
キャンペーン 55,000円のキャッシュバック

無線LANが非常に速いauひかり。

auひかりの無線LANはモデムの中に内蔵されていますので、外付けする必要がありません。

そして、直接外に飛ばすことが可能になるので、とても速いです。

 

オンラインゲームの場合、少しでも速くするために、有線を活用するというのがよくあるパターンなのですが、部屋に線を引くというのはやや面倒に感じてしまいますよね。

さらに、auひかりであれば、無線であったとしても、特に問題なく利用することができます。

55,000円のキャッシュバック!

速くしたいものの、乗り換えするには、抵抗があるという人にもこのauひかりはおすすめできます。

  • 毎月の料金が他の光回線よりも安い
  • auユーザーであればお得な割引がある
  • 工事費は実質無料で、初めの初期費用は手数料3,000円のみ
  • 他社で発生する違約金については、KDDIが負担する
  • 今であれば55,000円のキャッシュバックを行なっている

 

このような特徴があるわけです。

無料で乗り換えができて、かつ、キャッシュバックを手にするまで、PS4の場合、是非ともauひかりに乗り換えてみてくださいね。

>> auひかりに申し込みして55,000円のキャッシュバックを受け取る

なお、55,000円のキャッシュバックキャンペーンはいつ終了になるかわかりません。

クリックして表示されたら、まだキャンペーンが行われているということですので、なくなる前に申し込みすることをおすすめします。

>> auひかりの料金や速度・評判口コミ、一番お得に申し込みするための方法をまとめてみた




速度を少しでも速くする方法は?

それでは、速度を少しでも速くするための方法についてみておきましょう。

有線ケーブルをギガ対応にするには?

環境によっては、無線が遅くなってしまうということも少なからずあります。

そのような時には、有線で繋ぐようにしてください。

さらに、有線で繋いでいるケーブルについても、ギガ対応していないとなると、急に遅くなることも少なくありません。

 

ここで、もしもお金がかかるということで、出し惜しみをすると、逆に損をするということもありえます。

なので、ケーブルのスペックはよくチェックしておくことが大切です。

 

間にルーターをかませないように注意!

モデムからPS4の間に何かを挟めば挟むほど、速度は遅くなります。

なので、ルーターの途中に何か遮断させてしまうようなものは置かないように注意してください。

また、無線LANも外付けのものであれば、思っている以上に速度が出ないというケースも少なからずありえます。

ということで、無線LANの機能がしっかりと内蔵されている光回線を利用することを推奨します。

まとめ

ということで、今回は、PS4を使ってインターネットに心地よく接続するための方法論について解説してきました。

今では、画質もとてもよくなって、非常にゲームのクオリティがあがっていますよね。

ひかり

ひかり
さらに、ゲームは今家で一人で行うものではなく、世界と繋がって行うものになっています。

インターネットの速度がますます重要になるのですが、この機会に光回線についても考えてみてくださいね。




スポンサーリンク

関連記事

auひかりの光電話の料金や契約法など全部まとめてみた

一人暮らしがインターネット契約時に絶対守るべき5つのコツ

auひかりでエリア外でもスマートバリューをすぐ活用する3つの方法

ホワイトコール24とは?申し込み時の確認は必須?

フレッツ光が安くなる方法8選!一番賢く光回線を使う秘策

フレッツ光が遅い原因や改善方法は?プロバイダーが原因?