ADSLから光回線に切り替えるべき理由と今旬のおすすめの光回線

本記事では、ADSLから光回線に切り替えすべき理由と、今旬のおすすめの光回線を紹介します。

ADSLは今サービスがどんどん終了しています。サービスが終了すると、継続で使っている人は引越しの際などにトラブルが生じる可能性が高いです。

ADSLを今もお使いの場合、速度は不便でも少しでも安い方が良いと思われているケースが多いかもしれませんが、今回は、ADSLから光回線にスムーズに切り替え、乗り換えする方法、メリットやデメリット、注意点等を解説します。

 

【前提】ADSL利用者は光回線に変えるべきです

通信業界を先導している政府や総務省が「2025年をめどにアナログ固定電話網をIP通信網に移行する方針」を発表しました。ADSLはアナログ回線を活用しているということもあって、2025年には完全にADSLは終了してしまいます。

このことを受けて、NTTは2025年までにADSLから光回線等他の媒体の切り替え作業をすると言っています。

 

フレッツ光では、2023年1月31日(火)にADSLの廃止を決めています。他にもKDDI、OCN、東西NTTでも同様に、廃止が決まっています。ソフトバンク以外については基本的に、ADSLは終了の道を辿りつつあります。なので、現在ADSLを利用されている場合、必然的に光回線を利用せざるを得なくなると言えます。

ADSLから光回線に変更すべき4つの理由

ADSLは昔からあって馴染み深く料金も安いですが、速度が遅い。一方で、光回線はやや高いものの速いです。ADSLの料金の相場は、月額3,000円あたりです。

それに対して、光回線は戸建ての場合には5,000円、マンションの場合には、4,000円あたりが相場です。ですので、単純に見ると、光回線はやや高いです。

しかし、実は光回線にはお得になる仕組みがあって、トータルで見ると光回線の方が圧倒的にお得です。お得な理由は大きく以下の4つのポイントがあるためです。

スマホがセット割で大幅に安くなる

auやドコモ、ソフトバンクなど、スマホや携帯のキャリアと同じ光回線を利用することによって、スマホのセット割が適用されます。割引が大きく、ADSLを利用しているよりも圧倒的に安いです。

例えば、auひかりのセット割の場合、下記の光回線の場合、家族と合わせ、10台までのauスマホに、それぞれauスマートバリューという割引が適用になります。

  • auひかり
  • コミュファ光
  • eo光

割引額はauの場合以下の通りです。

  • 1・2GB:500円
  • 5・20GB:1,410円
  • 30GB:2,000円

5GBで契約をしているスマホが1台あると、1,410円。もしも3台あると、家族と合わせて、4,230円で非常に大きな割引になります。もしも、6,000円割引など割引額がネット料金を超えてしまうと、実質無料でインターネットを利用できるということになるのです。

単にネットの月額料金のみで見るのではなく、スマホのセット割も一緒に検討した上で、光回線に乗り換えした方が圧倒的にお得です。

 

速度が安定して速くなる

ADSLの場合は、10メガ、30メガ、50メガという形で、各速度に応じて段階的に料金が上がります。速度は遅いので、Webサイトや動画を見る際にイライラすることもあります。

もしもあなたが50メガのADSLに加入して毎月3,000円を支払っているとします。とても安いのですが、メガで割ったときには、ADSLの場合、1メガあたり60円を支払う計算になります。一方で、光回線の場合、5,100円で1ギガ(1,000メガ)なので、1ギガあたり5.1円という計算になります。

要するに、ADSLを使用すると、光回線よりも10倍以上高い料金を支払っている計算になります。

 

なので、速くなる光回線と比較したときには、光回線の方がお得です。動画を視聴する機会やオンラインゲームなどをする機会が増えがちですが、そのようにたくさんのデータを扱う場合にも光回線はおすすめです。

料金のみならず、50メガから1,000メガに、20倍以上速くなるということを考えたら、圧倒的にお得なのです。

 

固定電話の基本料金が1,200円お得になる!?

料金だけで見ると光回線は高いですが、固定電話の有無でもお得状況が変わります。

ADSLで固定電話を利用するという場合には、NTTのアナログ電話にする必要がありますので、基本料金が1,700円かかる計算になります。この料金は、携帯やスマホで電話をかけるのが当たり前な現代においては無駄遣いです。

光にしたときには、固定電話とネットを一緒に利用することができますので、基本料金を500円で利用することができます。当然ながら、電話機も電話番号もそのままで、電話回線ではなく光回線。ノイズも入りづらいです。

さらに、通話料金も距離によって変動するものの、アナログ電話の場合、3分間は8〜81円します。

家から電話をかけるとなると、安いイメージがあるかもしれませんが、あまりにも遠い場所に1時間もかけるとなると、それだけで1,600円かかってしまうこともあります。携帯電話にかけるにしても、1分あたり30円はかかってしまいますので、お高いです。

 

一方の光回線は、時間や距離は一切関係なく、1律で8円となっています。携帯には、1分で16円でかけることもできます。なので、基本料金や通話料金も両方とも安くなるという計算になるわけです。

ADSLのメリットとして使われた050のIP電話ですが、以下の点においてもその機能は拡充されているので、トータルで見ると光回線の方が圧倒的にお得です。

  • 通話料金の安さ
  • 番号ポータビリティの手軽さ
  • 通話品質のクオリティ
  • 利用できる相手先の自由度(緊急電話等)

固定電話を利用する人も、あまり利用しない人も、光回線の方が料金的にお得になりますから。

 

キャッシュバックも期待できる!

ADSLは販売活動に力を入れていないので、キャッシュバックやキャンペーンはありません。一方で、光回線はよく見かけるように様々なキャンペーンを受けられますし、数万円のキャッシュバックを受けられることも多々あります。

要するに、料金のみを見たときには、毎月のように高くなる光なのですが、特に何ももらうことができないADSLよりも高額キャッシュバックを手にできる光回線に、切り替えた方がお得になります。

スムーズなADSLの解約方法は?

それでは、光回線からADSLに切り替えする方法を紹介します。乗り換えには手間がかかるかと思ったら、比較的簡単に以下の手順で解約できます。

  1. プロバイダにADSLを解約する旨を伝える
  2. NTTなどの回線業者に電話する(必要なケースと必要でないことがあるので、これは契約書を確認してください。)
  3. 解約日を決定する
  4. 解約日にADSLモデムを外す
  5. モデムがレンタルの時にはキット(専用の袋)で返却する

以上がADSLの解約の手順です。

解約をされる時には、はじめにプロバイダにADSLを解約する旨を連絡してください。その際には以下の項目が必要になるケースがありますので、準備してください。

  • 契約者
  • 電話口の名前
  • 契約住所
  • 支払い方法
  • 契約者の続柄
  • 契約している電話番号

ちなみに、プロバイダに連絡を入れて終了になる場合と、NTTなどの回線業者に連絡を入れる必要があることもあります。回線業者への電話が必要な時には、プロバイダのみの解約だと、回線業者への料金は引き続きかかるため、解約の連絡は必須です。

解約日にADSLモデムを取り外して、壁からADSLモデムに繋がっていたケーブルを電話機に挿すと、終了です。ちなみに、解約する前にモデムを外した時には、電話が繋がらなくなるため、解約日の当日にADSLモデムを外すようにしてください。

 

その他、ADSLモデムがレンタルの時には、NTTに返却をする必要があります。その時には、返却用のキットが送られるので、そちらにモデムを入れて着払いで返送してください。

これが遅れてもモデム代を請求されることがあるようですので、要注意です。

 

ADSLを解約する時のよくある質問

ASDLを解約する際の注意点や質問にお答えします。

ADSLを解約した時のその月の使用料金は?

NTTのADSLは、利用料金は日割り計算で解約日までに料金が発生する仕組みになっています。料金の締切日には、契約する時の日付で変わるので、電話で確認するようにしてください。

また、プロバイダについては、場所によって日割りでなく月額で請求されることもあるようなのでご注意ください。

 

解約時の電話番号はどうなってしまうのか?

ADSLの契約には、二つのタイプの契約方法があります。

  • タイプ1:もともと固定電話を利用していて、その回線を使うもの
  • タイプ2:固定電話を利用していない状態でADSLを契約するもの

タイプ1の場合には、ADSLの解約をした後も電話番号をそのまま利用できます。

一方で、タイプ2の場合には、もともとは固定電話の利用がない状態で、電話番号がADSLを契約した時に振り分けられるので、電話の機能についても一緒に解約になります。

ちなみに、タイプ2で電話番号を継続して使いたい場合、NTTやオークションサイトなどで、電話の加入権を購入する必要があるので、注意してください。

 

解約の際に工事は発生するのか?工事方法は?

ADSLの解約時ですが、基本的に工事はありません。NTTなどの局舎内で工事があり、実施する際に工事の確認の連絡がきます。

連絡がきてOKの旨連絡を出すと工事が行われるので、このタイミングで、ADSLのモデムを外すようにしてください。

 

ADSLモデムの回収はどうやって行うの?

ADSLモデムの回収ですがレンタルが必要な場合、工事日に担当者が回収するか、着払いでの発送のどちらかになります。もしも不明な点があれば、モデムの返却について電話で問い合わせてください。

 

ADSLから光回線に切り替える時の4つの注意点は?

それでは、切り替え、乗り換えの際の4つの注意点を紹介します。

プロバイダの移動時のメルアドや固定電話の紛失に気をつける

ADSLのプロバイダをご確認頂き、注意しておかないといけないのは以下の2点です。

  • メールアドレスは変更してもいいのか?
  • 固定電話番号をそのまま存続させるのか?

そして、メールアドレスや固定電話の番号を存続させることが出来るか確認してください。

もしも、GメールやYahoo!メールなどのフリーソフトなら問題ありませんが、プロバイダの提供しているメールアドレスを利用している場合、消えることになります。

ひかり

ひかり
メールアドレスが変更になると困るという場合は、100円から300円ほどでメールアドレスをそのままの状態で利用出来る方法もあります。

詳しくは「メールアドレス残しできるプロバイダーは?おすすめはどこ?」の記事でご確認ください。

光回線の工事は、混みあわないうちに早めがお得!

申し込みから工事日までの期間というのは、時期によって変わります。春先の時期は繁忙期になりますので、なかなか工事の日程をつけられないことも少なくありません。場合によっては、2ヶ月待たさせることもあります。また、平日よりも土日の方が混んでしまいます。

申し込み後に連絡がかかってきますので、しっかりと打ち合わせしてみてください。特に、3月から4月の繁忙期には早めに対処することが大切です。

なお、工事でトラブルが生じることもありますので、この点はスタッフの方と相談してみてください。

 

光回線の料金体系はしっかりと把握しよう

フレッツ光のADSLを利用していて、プロバイダのOCNを使用していたとしましょう。そのような場合、以下のような料金がかかる計算になります。

  • 光回線の初期費用:3000円
  • 番号ポータビリティ(※同番号へ移行):2000円
  • 固定電話休止代金:2000円

光回線の工事代金は、会社によって、無料にしているところも少なくありません。

auひかりやNURO光などは30ヶ月利用することを条件に、工事費が無料になるというキャンペーンを実施していたりします。

ひかり

ひかり
ただし、土日祝日の工事に関してはお金がかかるケースが多いようですので、ご利用予定の光回線の状況を確認してみてください。

ひかり電話で電話番号をそのまま使えるか確認しよう

ひかり電話の注意点としては以下のポイントをチェックしてください。

  • 電話番号がそのまま利用できるか?
  • ホームセキュリティサービス
  • ノーリンギングサービス

光電話についてなのですが、加入権があると特に大きな問題はありません。

さらに、セコムなどのホームセキュリティサービスがある戸建て住宅についても2万円からの費用を別途負担することで可能になります。ノーリンギングサービスについての費用負担はなく、切り替えすることができますよ。

 

ADSLから光回線に変更する際のオススメの光回線3選

今回は、ADSLから光回線に乗り換えを検討されている方向けに解約方法や注意点などを解説しました。光回線にしたときには、固定電話やスマホの料金がお得になります。

また、高額キャッシュバックキャンペーンをやっているところも少なくなく、速度も圧倒的に速くなりますので、個人的には今ADSLから光回線に乗り換えることを推奨します具体的に、今旬の人気がある光回線を最後に解説します。

auユーザーで、キャッシュバックNo1ならauひかりで決まり!

スマホの有無に関わらず、光回線に乗り換えするなら、auひかりはとてもおすすめです。

  • 55,000円という高額のキャッシュバックを受け取ることができる
  • 高速で速いので動画もストレスフリーで視聴できる
  • お客様満足度がフレッツ光を抜いて1位

以上のように、今非常に多くの人が登録しているインターネット回線です。ADSLを解約する際に、違約金が発生したとしても、KDDIが負担してくれます。

光回線に乗り換える機会は少ないですが、今のところ、一番おすすめなのがauひかりですので、この機会に登録してみてください。

ネットの月額料金 1年目→5,100円
2年目→5,000円
3年〜→4,900円
光電話 500円
速度 1G
初期費用と工事費 3,000円、工事費無料
キャッシュバック 55,000円

>> auひかりの申し込みして、55,000円のキャッシュバックを手にする!

55,000円のキャッシュバックキャンペーンはいつ終了になるかわからないので申し込まれるなら今がおすすめですよ。

 

2位:ソフトバンクユーザーならソフトバンク光とNURO光で決まり!

料金やキャッシュバック等は以下の通りです。

※工事費が別途かかる場合があります。

ソフトバンクユーザーの場合、スマホのセット割引はソフトバンク光とNURO光の二つがあります。

内容を比較検討してみると、NURO光が速くておすすめです。関東・関西・東海エリアのみの提供なのがデメリット。

一方で、ソフトバンク光はNTTの回線を利用していることもあって、全国どこでも利用できます。

  • 関東・関西・東海の人はNURO光
  • それ以外の人はソフトバンク光

このように選択するのがおすすめですよ。

(2018年11月現在のキャッシュバック額です。キャッシュバックの額が変更になっていることもありますので、公式サイトで正しくはご確認ください。)

>> NURO光の申し込みはこちら!30,000円のキャッシュバック!

>> ソフトバンク光の申し込みはこちら!28,000円のキャッシュバック!

 

工事不要のモバイルWiFiもおすすめ!

光回線ではなくどこでも持ち運びできるモバイルWiFiも今は多くの方が利用しています。WiMAXやSoftBank Airなどの据え置きのWiFiルーターも注目されるようになっていて、以下のようなメリットもあります。

  1. 工事する必要がない
  2. 自宅でも外でも活用できる
  3. ADSLよりも速い最大440Mbps

工事不要なので、申し込みからすぐに活用できます。

おすすめのWiMAXやSoftbank Airについて以下の記事で解説していますので、合わせてご参考ください。

>> WiMAXのキャッシュバックランキング!比較してのおすすめまとめ

>> SoftBank Airの評判ってどうなの?200の口コミを分析してみた結果

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

auひかりからソフトバンク光に乗り換えする際に考えるべき8つのこと

フレッツ光から乗り換えをお得にする方法!プロバイダ比較すると

NURO光にソフトバンクの人は乗り換えすべき?競合3社と比較すると...

フレッツ光からNURO光に乗り換える際のメリットとデメリットまとめ

フレッツ光コラボの転用前に絶対知るべき4つのデメリット!

マンションでインターネット回線を検討する時に必須の7つのことは?