フレッツ光から乗り換えをお得にする方法!プロバイダ比較すると

  • フレッツ光よりもさらに安くするにはどうしたらいいの?
  • インターネット回線の速度をさらに高めたい!

そんな時には、どうしたらいいのでしょうか?

以前であれば、光回線というとフレッツ光だったのですが、最近では、新しい回線も多数登場していますので、そのなかから特に自分に合うものを選択できるようになりました。

ということもあって、安くて、かつ、使い勝手の良いインターネット回線がどこなのかってことを普段からしっかりと見直すことが大切になってきています。

ひかり

ひかり
今回は、フレッツ光からプロバイダーを乗り換える際の注意点、乗り換える時の流れ、おすすめのネット回線、設定方法や切り替えるための手順などについて詳しく解説していきます。

フレッツ光の速度と料金は?

初めにフレッツ光の速度と料金について詳しくみておきましょう。

速度の目安

インターネットの速度についてなのですが、フレッツ光の場合には、1ギガの速度に対応しています。

速度については、フレッツ光の場合には、現在では1ギガに対応しているということもあって、回線速度はとても速いです。

なのですが、フレッツ光は利用者数がとても多く、土日の夜の時間帯など、多くの人がネットにアクセスする頃には繋がりにくくなるという問題が発生します。

 

回線が混雑することによって、いくら回線速度が速いといっても、遅くなってしまうというジレンマを抱えているわけなのです。

多くの人たちが加入しているということはそれが逆にデメリットとして左右してしまうことにもなりかねないわけなのですね。

 

料金の目安

東日本OCNを利用しているとなると、大体の料金の目安は以下の表のようになります。

項目 料金
フレッツ光 5,000円
OCN 1,100円
ひかり電話A 1,500円

OCNを活用していると、ネットと合わせた時に、6,100円かかります。

そして、電話と一緒に使うと、7,600円くらいの支払いになるかと思われます。

これにプラスオプションのサービスも加えたら、8,000円を超えてしまいますよね。

フレッツ光から乗り換えする時の注意点

それでは、フレッツ光から乗り換えする時の注意点について見ておきましょう。

具体的にどのようなことにあらかじめ注意しておくべきか、簡潔にまとめてみました。

フレッツ光は違約金がかかる

安くしたいものの、契約が残っているため、違約金を支払う必要がある。

たいていの光回線は携帯電話と同じように2年契約になっていることが多いです。

なのでやめようにもやめることができないという自体に陥りがちです。

乗り換える時に、絶対に意識しておきたいポイントがあります。

 

それは、いくら違約金がかかったとしても、キャッシュバックを活用することで、その違約金を賄えるケースがあるということです。

さらに、毎月ネット回線にかかる料金が安くなることによって、数ヶ月で元が取れてしまうことがあるということ。

更新月が近くない場合には、とっとと変更してしまうことを推奨しますよ。

ひかり

ひかり
ちなみに、フレッツ光には、二つの違約金が発生する可能性があります。

フレッツ光にねん割

2年間契約をすることによって、毎月の料金を下げることができる「にねん割」と言われるサービスがあります。

こちらに関しては、更新月以外に解約をすると、9,500円(マンションタイプの場合、1,500円)の違約金がかかることになります。

プロバイダー 約5,000円

OCNの場合には、2年以内に解約をすることによって、大体5,000円かかることになります。

プロバイダーによって、違約金というのは異なるのですが、かからないというケースもありますし、10,000円かかるというプロバイダーもなかには存在します。

 

電話番号はそのまま引き継げる

電話機は当然そのままで、電話番号はNTTの加入電話からの番号の場合は、そのまま利用することができます。

引き継ぎができなかったりしても、無料で、電話番号を発行できます。

 

メールアドレスが変わる

プロバイダーが変更になることもあって、当然ながら、メールアドレスも変更する必要が出てきます。

もっとも、ヤフーやGメールなどのアドレスはそのまま使用可能です。

 

OCNなどのメールアドレスをなんとかして残したいなどであれば、メールアドレスを残すことができるプロバイダーというのもありますので、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

>> メールアドレス残しできるプロバイダーは?おすすめはどこ?

ひかり

ひかり
毎月200円から500円ほどで残すことができるようになりますよ。

お仕事で使用されているなど、引き継ぎが必要な場合にはこちらを活用して見てください。

【関連記事】

フレッツ光からの乗り換えの手順は?設定方法や切り替え方法を解説

お得になる回線と注意点をチェックをした場合、さらに新しい回線に切り替えることを推奨します。

買い替えるのみならず、契約の切り替えが必要ということもあって、不安に思われるかもしれません。

そこで、ここでは、スムーズにどうしたらいいのか、流れがわかるように手順をまとめて見ました。

Step①:まずはネットから申し込む

はじめにキャッシュバックを受けるためには基本はネット経由である必要があります。

電話や窓口経由だと人件費でキャッシュバックがないというケースがありますので、ネットから申し込みましょう。

申し込みが済んだら、後日に、改めて、担当者から電話がかかってきます。

その際に、工事の日程も決めてしまいましょう。自由に希望日を出すことも可能ですよ。

 

Step②:工事に立ち会う

当日、切り替え工事が入るため、立ち会いを行います。

時間は状況によっても変わってきますが、大体30分程度です。

Step③:フレッツ光を解約する

工事が済んだら、フレッツ光を解約します。新しいインターネットを使用できることをチェックした後に、フレッツ光を解約してください。

これによって、ネットが利用できない時間がなしにうまく切り替えることができますよ。

Step④:設定する必要性はない

フレッツ光の時には、はじめにモデムの設定をする必要性がありました。

なのですが、他社の場合には、設定をすることなしに、ネットに繋げることができて、とても簡単ですよ。

ひかり

ひかり
さらに、メールアドレスを利用したいという場合には、各プロバイダー経由で送られるスタートキットをチェックして見てくださいね。

乗り換えの際におすすめの光回線は何?ランキングベスト3をまとめてみた

では、フレッツ光から乗り換える際におすすめのネット回線のランキングをチェックしていきましょう。

今回比較の対象にしているのは月々の料金に加えて、キャッシュバックです。

 

例えば、月々5,000円であったとしてもキャッシュバックが36,000円あるような時には、2年間の支払いでは、毎月1,500円安くなるということになりますよね。

つまり、月々、3,500円で利用することができるという計算になります。

そのようなことを踏まえた上で、一番安いインターネットを探すようにしてください。

1位:auひかり

はじめに紹介するのは、au光です。

乗り換えの際に、キャッシュバックがもっとも高いことで有名なのは、auひかりです。

ネットと比較して見ても、フレッツひかりOCNから1,000円も安く抑えることができるというのに加えて、55,000円のキャッシュバックを利用できるのは大変魅力的です。

ホーム

  • ネット+プロバイダー+電話:5,700円
  • キャッシュバック:55,000円

マンション

  • ネット+プロバイダー+電話:4,300円
  • キャッシュバック:55,000円

速度も非常に安定していますし、お客様満足度も、NTTを抜いて首位となっています。

マンションの場合は、ややキャッシュバックは減るのですが、その代わり毎月の料金が安く収まりますので、2年間トータルで安く利用できる計算になりますよ。

>> auひかり55,000円のキャッシュバックを受け取るならこちら

>> auひかりの料金や速度・評判、最もお得に申し込みする方法まとめ

2位:NURO光

続いては、NURO光です。

So-netが提供しているのですが、とても安く、かつキャッシュバックも高額であることで有名です。

さらに、 Softbankのスマホをセットで安くしてくれる「おうち割光セット(旧スマート値引き)」も適用可能になりますので、Softbankユーザーには特におすすめとなります。

 

一つ注意する必要があるのは、関東・関西・東海のみということ。

このエリアに済んでいて、かつ、Softbankユーザーであればおすすめです。

>> NURO光の申し込みはこちら

>> NURO光の料金って安い?フレッツ光やauひかりと比較すると意外な事実が…

3位:WiMAX

ネットを普段から使用しないため、モバイルルーターを検討されている方もいらっしゃるかと思います。

ただし、キャッシュバックがやや少なくなるということもあって、auひかりの方が安くなります。

 

さらに、固定電話抜きでこちらは計算をしています。

電話を引く時には、NTTのアナログ電話を別にしく必要もありますので、その際の基本料金は、1,700円となります。

なので、電話を敷くならばトータルでやや高くなってしまいます。

 

インターネット2年間で、月額4,179円となります。

また、キャッシュバックが15,000円。これに加えて、月額割引があります。

>> Sonetモバイル WiMAX2+の申し込みはこちら

要するに、一般の方には、キャッシュバックが多く比較的エリアも広いauひかりがおすす目です。

一方で、関東や関西・東海にお住いのSoftbankユーザーには、NURO光を推奨します。

まとめ

ということで、今回は、今回は、フレッツ光からプロバイダーを乗り換える際の注意点、乗り換える時の流れ、おすすめのネット回線、設定方法や切り替えるための手順などについて解説しました。

参考にしながら、今後のネット回線をどうするのか考えて見てくださいね。

【関連記事】

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ADSLから光回線に切り替えるべき理由と今旬のおすすめの光回線

フレッツ光からOCN光に転用!乗り換えた時の違いやデメリットまとめ

auひかりとNURO光どっちに乗り換えすべき?料金・速度比較まとめ

ソフトバンク光を工事費無料にする方法!内容や立ち会い、料金まとめ

マンションでインターネット回線を検討する時に必須の7つのことは?

フレッツ光からNURO光に乗り換える際のメリットとデメリットまとめ