フレッツ光コラボの転用前に絶対知るべき4つのデメリット!

フレッツ光がここ数年で実施してきた光コラボレーション。

  • ドコモ光
  • OCN光
  • BIGLOBE光
  • エディオン光
  • TSUTAYA光
  • Hi-ho光
  • ビック光
  • ソフトバンク光

他にも数多くの光コラボがあります。

ネット回線のお金がかかる額が少ないと耳にすると、すぐに変えたくなってしまいますよね。

  • 営業の人はいいことしか言わないけど本当はどうなの?
  • 安いのはいいけど、何か裏はないの?
  • 面倒な手間になるのはいやだ

そこで、今回は光コラボに関するデメリットと、最後におすすめの光コラボを紹介していきます。

ひかり

ひかり
少しでも安くしたいけれども、後悔したくないという場合には、是非とも実践して見てくださいね。

光コラボのおすすめポイントから見ておくことにしよう

そもそも光コラボって何ってところから、簡単に紹介します。

NTTは2015年からフレッツ光の回線を他社にレンタルで貸し出すようになりました。

これによって、プロバイダーや携帯会社を中心にして、多くの企業が光回線のサービスを活用できるようになったという背景があります。

それによって、以下で紹介する3つのメリットが生まれることになります。

料金が安くなる

光コラボに乗り換える一番の理由として、毎月のネット料金がとても安くなるという理由があります。

過去のフレッツ光の場合には、ネット料金を5,000円にしていて、これに別途で1,000円ほどプロバイダー料金がかかるという構造になっていました。

それも合わせた時には、6,000円を超えるということになってしまいます。

ひかり

ひかり
光コラボでは基本的に、プロバイダー料金がかからなくなるということもあって、請求も一つにまとまります。料金に関しても、5,000円ほどでできるようにはなります。

フレッツ光から転用出来る

今まで使っていた光回線を乗り換えるには、必ず工事が必要でした。

そのようなこともあって、なかなか、切り替えるのが難しかったというデメリットがありました。

しかし、光コラボはフレッツ光の回線を活用しているということもあって、フレッツ光から乗り換える時には、転用という形を利用する必要があります。

ひかり

ひかり
さらに、フレッツ光の違約金も免除になりますので、過去に面倒臭い、契約が残っていて、変えることができないという方でも比較的簡単に乗り換えができます。

セット割

光コラボでは当たり前のように存在するのですが、それぞれ特有のセット割引というものが結構魅力的です。

携帯キャリアの光の場合には、スマホが割引になります。

プロバイダーの光の場合には、simカードが割引対象となります。

ひかり

ひかり
その他にも、TSUTAYAの光の場合、映画を安く視聴できたり、電気屋さんの光の場合には、ポイントがつくなど少し変わったサービスを受けることも可能です。今まで、このような割引というのは、フレッツ光にはなかったこともあって、とてもおすすめです。

光コラボ4つのデメリットとは?

簡単に乗り換えることができて、毎日安くなります光コラボ。

なのですが、この光コラボには、デメリットも存在します。

良い部分のみならず、悪い部分もあるので、両方をしっかりと理解することが大切です。

フレッツ光より速度が遅い

フレッツ光と回線に関しては、変わらないということもあって、光コラボに変えて、同じ速度で利用することができます。

ただし、速度が遅くなっていないかという声も少なからず上がっています。

その理由として考えられるのは、ルーターやプロバイダーの二つ。

どちらにしたとしても、過去に利用できたものが利用できなくなるのは困りますよね。

 

なのですが、全員が遅いというわけでもありません。

その中には特に問題なく使用できる人であったり、フレッツ光の時よりもさらにスピードアップしたというようなケースもあります。

 

地域や場所によっても速度に変化があるものの、実際にどの程度速いのかを確かめるためには、申し込みをしてみるしかありません。

オンラインゲームをしていたり、仕事で利用していたりすることで、速度を重視するという方であれば、リスクも高くなるかもしれません。

ひかり

ひかり
ただし、万が一の時であったとしても、無料解約することが可能なクーリングオフのような制度がある光回線というのも存在します。

もしも、不安な方であれば、このような光回線を活用するというのも一つかもしれません。

窓口が繋がらない!?

過去にフレッツ光を活用するためには、NTTとプロバイダーの二つと契約をする必要性がありました。

そのようなこともあって、どこにかけたらいいのか分からなくなったり、場合によっては、たらい回しにされるなどの問題もありました。

なのですが、これらが一つにまとまってしまうことによって、プラスに働くこともあります。

 

ただし、光コラボの場合、お客様センターの窓口になかなか繋がらないという声も複数ありました。

特に問題がなかったらいいのですけれども、もしも繋がらないとなると、困りますよね。

ひかり

ひかり
さらに、あまりにもマイナーな会社を選択すると、繋がらない可能性も高くなりうるので、光コラボを活用したほうがいいのではないかということになります。

キャッシュバックが少ない

光回線と聞いた時には、キャッシュバックなどのお得なキャンペーンはないのかって気になりますよね。

やはり、少しでもお得に乗り換えられるのであればお得に乗り換えたいものです。

無料のパソコンやゲーム機がプレゼントされるなど。

光回線について考える機会がそもそも少ないので、しっかりと考えておきたいものです。

 

しかし、光コラボレーションでは多くがキャンペーンを実施していません。

仮にあったとしてもスズメの涙というような状態です。

 

そのような理由として、光コラボというのは他社プロバイダーがNTTから線をレンタルすることによって、光回線を提供します。

要するにレンタル料金がかかるということになりますよね。

 

さらに、他の会社と差別化をするために、様々な施策を打ちます。

過去、フレッツ光は料金のほとんどを得ることができましたので、その分をキャッシュバックに回すことができたものの、料金の中から毎月のようにNTTに対してレンタル料金を支払う必要があります。

割引サービスも一緒に合わせて提供をしている光コラボには残念ながら、キャッシュバックに回すための予算が残っていないわけです。

他にも人件費とかもかかってきますからね。

ひかり

ひかり
要するに、光コラボレーションというのは、工事なしで、毎月の料金を下げるという仕組みとなっています。その結果、キャッシュバックをしてしまうと、赤字になってしまうわけです。

結果的に、キャッシュバックが非常に少なくなるということになります。

もちろん、中には、しっかりとキャンペーンをしている場所もありますので、どこで、キャッシュバックがい行われているのかをチェックしていく必要があります。

転用したら戻すことができないかも…。

フレッツ光ユーザーには、光コラボからの勧誘営業が入ることもあります。

ただし、これには本当に注意すべきで、売り文句というのは、工事をしなくても安く済むという文言です。

 

もちろん、嘘ではありません。

なので、とても魅力的に見えてしまいます。

 

なのですが、一つだけ注意しておきたいことがあります。

それは、フレッツ光から光コラボには工事なしで転用できるのですが、光コラボから光コラボに戻すことはできないということです。

 

もしも、気軽に申し込みをして、ここまで紹介したようなトラブルになったとしても、光コラボからフレッツ光に転用することはできないので、変えなければよかったということにも十分なりえます。

 

さらに、本当であれば、さらに安いところがあったとしても、後々、気づいてからは戻すことができなくなりますので、最悪違約金を支払って、解約するという流れになってしまうことも考えられます。

また、入り直しということにもなる可能性だってあるわけです。

ひかり

ひかり
もしものことを考えるのであれば、クーリングオフできるのかを事前にチェックしてくというのも大切になってきますね。

光コラボおすすめランキング

ということで、ここまで、光コラボに関するよくないことについて詳しく紹介をしてきました。

何よりもおすすめができないのが、今のままフレッツ光を使うということ。

というのも、紹介してきた通り、フレッツ光のNTTというのは、他の会社が勝手に売ってくれるので、自分たちは頑張らなくてもお金が入ってくる仕組みができています。

 

その結果、フレッツ光は正直、名前だけ聞くと安心できるような感じもしますけれども、高いネット回線。

とは言っても、他のものだとトラブルがあるのではないのか?と心配される方もいらっしゃると思います。

なので、そのような方におすすめの光コラボについて詳しく解説していきます。

1位:ソフトバンク光

光コラボの中でも特に人気があるのはソフトバンク光です。

フレッツ光と比較しても、毎月のように安くなり、さらに、ソフトバンクのスマホがあると、セット割引も適用されます。

さらに、光コラボに加入する際には、4つのメリットとデメリットがあるのですが、ソフトバンク光はその中でも特におすすめです。

月額料金 5,200円
スマホ割 ソフトバンク
キャッシュバック
  • 新規:28,000円
  • 転用:12,000円

続いて、光コラボに参加する際には、4つのよくないデメリットがありましたが、ソフトバンク光に関してはお勧めできます。

その理由を紹介していきますね。

キャッシュバックが高額

キャッシュバックがとても高額ということもあって、ソフトバンクの場合、新規で契約をした時には、28,000円のキャッシュバックを得ることができます。

さらに、フレッツ光から転用をするというような場合には、1,2000円のキャッシュバックを手にできることになっています。

工事に入らなかったとしても、転用ができたり、毎月の料金が安くなるというのはとても魅力的ですよね。

また、キャッシュバックを手にできるというのも、結構魅力的に思えます。

クーリング・オフができるのも知っておこう!

ソフトバンク光の場合には、かなり改善することもでき、速度も特に問題なく利用できるのですけど、場合によって、そこまで光回線が速くないというケースも十分に考えられます。

なのですが、ソフトバンク光に関していうと、;開通をしてから8日までの時には、違約金なしで解約することができるクーリングオフという制度があります。

転用を行った時の手数料の3,000円は自分が負担をすることになります。

 

もしも、光コラボの評判をチェックして見たとしても、遅くなっている人と、とても速くなっている人の2種類があります。

あなたの場合には、正直なところ、どうなのかというのは実際に入らない限りわかりません。

 

もしも、遅くなるのかもというような漠然とした理由から安くなる機会を逃すというのは正直勿体無いです。

今であれば、キャッシュバックキャンペーンも行われていますし、解約も自由にできるということもあって、後から後悔をするということもありません。

 

なので、この機会に一度登録して見てくださいね。

>> Softbank光の登録はこちら!

>> ソフトバンク光の評判や口コミは?悪い?遅い?知恵袋では?

 

2位:ドコモ光

ちなみに、もう一つの携帯キャリアの光回線、ドコモ光。

こちらの場合、ドコモのスマホがある時にはセット割引が可能になります。

さらに、dポイントのキャッシュバックを得ることもできますし、無線LANルーターがセットでついてくることになります。

月額料金 5,200円
スマホ割 ドコモ
キャンペーン
  • 無線ルーターセット
  • 20,000円のdポイント付与

それだけではありません。

速度に関して言えば、プロバイダー「GMOとくとくBB」を選ぶことによって、非常に早い速度を達成することが可能になります。

なので、ドコモユーザーであれば、この機会に是非ともドコモ光GMOとくとくBBを申し込みして見てくださいね。

>> GMOとくとくBBのドコモ光の申し込みはこちら

>> フレッツ光とドコモ光の違いやデメリットは?転用するならどっち

3位:OCN光

とても人気のあるプロバイダー、OCNの光回線です。

フレッツ光と比較すると、毎月が非常に安くなるという特徴があります。

そして、新規の場合であれば、キャッシュバックも受けることができるようになりますよ。

月額料金 5,100円
スマホ割 simカード
キャンペーン 18,000円

さらに、もしもOCNのSIMカードを使用している場合には、毎月二百円の割引が手に入るようになります。

なので、そのようなことを踏まえたらとてもお得かなと思います。

>> OCN光の申し込みはこちら!

>> フレッツ光からOCN光に転用!乗り換えた時の違いやデメリットまとめ

光コラボ以外の選択肢は?さらに速いものがいいという方にお勧めのauひかり

ここまで、光コラボについて詳しく解説をしてきましたが、とは言え、あまり速くないとかで、後々負担を背負うくらいなら、いやですよね。

  • たとえ安いとしても速度が遅いといやである
  • オンラインゲームを活用しても、速度が速いと困る
  • できるだけスピーディにネットを利用したい

そのように、速度に対してこだわりがありましたら、auひかりを利用することを推奨します。

月額料金 5,100円
スマホ割 au
キャンペーン
  • 現金:55,000円
  • 違約金返金

auひかりに関してはとても過去に長い実績もあり、顧客満足度がNTTを抜いて一位になっています。

また、ゴールデンタイムというのもありますので、非常にスピーディにインターネットに繋がります。

 

ひかりコラボはないということもあって、乗り換えの際には工事が必要になりますが、この工事費に関してはキャンペーンでほぼ無料。

そして、違約金がかかるということになっても、KDDIが負担をしてくれますので、実質にはゼロ円で簡単に乗り換えを行うことができるくらいお勧めの光回線なのです。

 

それだけではありません。キャッシュバックも業界ではナンバー1!

ストレスをかけることなく安心して長く使用したいという方にはお勧めの光回線と言えるのです。

>> auひかりの55,000円キャッシュバック受け取りはこちらから!

>> auひかりの詳細はこちらから!!

まとめ

ということで、今回は光コラボのデメリットについて詳しく解説をしてきました。

デメリットをまとめてみるとこんな感じです。

  • 2.1 フレッツ光より速度が遅い
  • 2.2 窓口が繋がらない!?
  • 2.3 キャッシュバックが少ない
  • 2.4 転用したら戻すことができないかも…。

その上で、光コラボに入るのであれば、ソフトバンク光を推奨します。

キャッシュバックやスマホ割という視点で見てみると、お勧めできますし、もしも、自分には合わないと思われたら、解約をすることもできますよ。

ひかり

ひかり
一方で、少しでも速度を意識するのであれば、auひかりを推奨します。何より、キャッシュバックが魅力的ですからね。

【関連記事】

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フレッツ光からOCN光に転用!乗り換えた時の違いやデメリットまとめ

マンションでインターネット回線を検討する時に必須の7つのことは?

ソフトバンクエアーが引越し先がエリア外になり繋がらない!対処法は?

フレッツ光からNURO光に乗り換える際のメリットとデメリットまとめ

ADSLから光回線に切り替えるべき理由と今旬のおすすめの光回線

auひかりからソフトバンク光に乗り換えする際に考えるべき8つのこと