フレッツ光OCNを引越し!最もお得に済ませるおすすめの方法は?

今回のこの記事はフレッツ光とOCNを利用している方には絶対に読んでいただきたい記事になっています。

引越しをする際には、インターネットを利用して、手続きをしますよね。

なのですが、そのまま引越しをするよりも、もっとお得な方法というのが存在します。

ひかり

ひかり
今回は、引越しの手続きをするのではなく、フレッツ光でOCNを利用することもメリットとお得に済ませるためのおすすめの方法について解説していきます。

引越しを機会にauひかりにしたら安くなってかなり得

過去に何度かOCNを使ってきたという方であればご存知かもしれませんが、今は、NTTよりもむしろ、圧倒的に、KDDIのauひかりの料金が安いです。

スマホがauの人はもちろん、それ以外にも、auユーザーでなかったとしても、非常に安くお得になります。

 

なのですが、切り替える際に一つ、難点がありました。

インターネット回線というのは一度検討すると、やや面倒に感じてしまいます。

さらに、再び工事が入った時には、なぜか面倒。

 

このようなこともあって、ずっと同じものを使い続けている方も少なくないようです。

なのですが、引越しの際には、インターネットの光回線を見直すのにグッドタイミング!

というのもインターネットの引越しの手続きもなんや感やで面倒なのです。

 

どのみち面倒なら、この際に、auひかりに変えて、少しでも、引越しの負担を減らすこともできるようになります。

ひかり

ひかり
そう入っても、ネットの回線の手続きは度々するわけでもないので、やや不安に感じてしまうこともあるかと思います。

具体的に、どのようにお得になるのかも気になりますよね。

そこで、実際に切り替える方法や魅力などについて詳しく解説します。

キャッシュバックキャンペーンが大きい

auひかりというのはキャッシュバックが非常に大きいです。

OCNはそのまま引越ししても特にお得になる特典はありません。

今までの契約をその引越しをした先でも継続するだけです。

 

なのですが、引越しの機会でauひかりにした時には、キャッシュバックを現金でもらうことも可能です。

高額なものであれば、50,000円を超えるようなキャッシュバックもあったりします。

引越しというのは多かれ少なかれ、お金がかかるわけですが、高額なキャッシュバックを行なっているauひかりはそういう観点からもおすすめできます。

月額料金がさらに安くなる

auひかりは安いということで有名ですが、フレッツ光と比較してみても、auひかりの方が毎月900円安くなります。

 

フレッツ光は、にねん割を適用した時の価格が6,100円となります。

一方で、。auひかりは5,200円となります。

このように、およそOCNよりも、auひかりの方が約1,000円ほど安くなるのです。

ひかり

ひかり
引越しをしてからも長く利用していくものですので、この差というのは大きいと思います。

特に、何年も利用するとなると、その幅は計り知れませんよね。

プロバイダーはどうなる?

OCNはNTT系のプロバイダーということもあって、auひかりでは対応できません。

要するに、変更になります。

今までにメールアドレスを使っていなかったり、変更でも問題ないという方ならいいのですが、もしも仕事で使っていて、どうしても残さないといけないとなると、残すことも可能です。

 

OCNの場合には、バリュープランというメールアドレスだけを残すためのプランが存在します。

月額で250円かかるのですが、こちらを利用したら、今までと変わりなく、メールを使用することができますよ。

OCNに連絡をして、バリュープランを利用する旨伝えたら大丈夫です。

電話番号は?どうなる?

フレッツ光からauひかりに変更した時には、必ず電話番号が切り替わります。

なのですが、今までと同じように市外局番からの番号を無料で発行できますので、その点はとても安心できるかと思います。

 

工事って高い?無料?遅い?

auひかりはKDDIが独自の回線を利用しているということもあって、工事が必要になります。

なのですが、フレッツ光出会ったとしても、引越しをした先に回線がないとなると、サイド工事が必要になることがあります。

また、工事料金について、キャンペーンで無料となります。

ただし、長期にかけて契約するというのが絶対条件になりますので注意してくださいね。

 

なお、工事に関しては、連絡を入れてから工事に入るまでの時間がやや長いです。

1ヶ月前後から、最悪、2ヶ月くらいかかるようなこともあるようです。

ひかり

ひかり
これはサービスどうこうというよりは工事業者の問題。

殺到する時期には、やはり工事が殺到するため、なかなか思うようには行かないということになりますよね。

違約金っていくらくらいかかるの?

契約の内容によっても変わってくるのですが、一般的には、NTTにねん割の違約金が15,000円となっています。

OCNの違約金は2年以上使用すると、かからなくなります。

ひかり

ひかり
毎月900円くらい安くなるので、当然、元はすぐに取れてしまいます。

さらに、何よりも、現金で55,000円のキャッシュバックを得られるということもあるので、変えてしまうとお得になります。

【関連記事】

フレッツ光OCNからauひかりへの手続き方法は?

それでは、フレッツ光OCNをそのまま引越しして手続きするよりも、auひかりになると、毎月の料金が安くなったり、55,000円のキャッシュバックを受けられるようになります。

このキャッシュバックを利用したら、違約金も相殺できます。

他にも、電話番号は引き続き利用できるサービスも存在したりということで、気になるのは、フレッツ光OCNからauひかりへの変更方法ですよね。

auひかりに申し込み

はじめに、auひかりに申し込みを行います。

申し込みをしてから使用できるまでに、おおよそ3週間ほどかかることもあって、引越しをした後すぐ使えるように、少しでも早めに申し込みをして、引越しの予定日と工事日の日程を伝えるようにしてください。

申し込みはauショップや家電量販店でもできるのですが、ネットからの申し込みの場合には、50,000円の現金キャッシュバックを手にすることができますので、おすすめです。

>> auひかりの申し込みはこちら!55,000円のキャッシュバックをゲットしよう!

NTTとOCNを電話で解約する

今の家のネットを使用しなくなった時に、解約を行います。

基本は、引越し日でしね。

NTT:0120-116-116

解約の旨を伝える。

OCN:0120-506-506

解約、あるいは、バリュープランへの変更をする(メールアドレスを残したい場合のみ)。

まとめ

ということで、今回はフレッツ光OCNの引越し方法について解説してきましたがいかがでしょうか?

ひかり

ひかり
引越しの際には必然的に、光回線の手続きを外すことはできません。

なので、auひかりを使って、安くネット回線をおさえてみてくださいね。

【関連記事】

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NURO光を引越し!継続する場合は?違約金やキャンペーンはどうなる?

フレッツ光の引越しの際キャンペーンよりもお得になる方法は?

auひかりの引越しの手続き方法!解約やキャッシュバックなどまとめ

ソフトバンク光に引越し!料金や工事費・キャンペーンまとめ